アナログレコード

 ギタージャズの「主要楽器」としての地位を確立したのは,エレキ・ギターの登場以降であろう。
 エレキ以前のギターについて語るなら,それがどんなにいいアドリブであったとしても“隣りで鳴り響く”大音量のトランペットサックスのフレーズで一瞬にして“かき消されてしまう”。最初から最後まで“脇役扱い”された要因は“音量の差”1点にあった。
 音量をアンプで自由自在に増幅できるエレキ・ギターの登場は,唯一の弱点“音量の差”を解消した。いや,その気になればトランペットサックスのフレーズを“かき消す”ことさえ可能な時代が到来した。ここで戦ってもしょうがない。ギターと管楽器との平和条約締結であった。

 このように電化武装することでジャズの「主要楽器」としての市民権を得てきたギターであったが,一方で電化の弊害と戦う必要にも迫られた。そう。ギター本来の「繊細な音色」が失われてしまったのだ。「理想の音色」を追い求める,エレクトリック・ギタリストたちの“苦悩の時代”の幕開けである。
 この「音色問題」はエフェクターの登場で一応の解決を見たのであるが,それって小手先での問題先送り? それでいいの? アコギからエレキへと持ち替えた,正統派ギタリストの皆さん!

 その答えが,ジャズ・ギター界の「玄人職人」ジム・ホール! ジム・ホールの特徴は,例えば,オーソドックスなコード・ワークやどんなフォーマットにも対応できる柔軟性について語る機会もあるにはあるが,管理人がジム・ホールについて語る第一声は「玄人職人」ではなく,あのエレキ・ギターの“音色”なのである。
 「アンプリファイアード・アコースティック・ギタリスト」! ジム・ホール自身が自分の音楽についてそう呼んでいる。この言葉にジム・ホール自身の“音色へのこだわり”が伝わってくる。
 そう。ジム・ホールエレキ・ギターの音色は,まるでアンプを通していないかのような音色! こんなにも「ナチュラルな音色」で勝負するエレクトリック・ギタリストを管理人は他に知らない。

 『CONCIERTO』(以下『アランフェス協奏曲』)は,ジム・ホール最大のヒット作! 『アランフェス協奏曲』と聞けば,ジャズ・マニアであるならば,マイルス・デイビスの『スケッチ・オブ・スペイン』,あるいはチック・コリアの【スペイン】でのイントロを連想するのかもしれない。
 しかし真実の『アランフェス協奏曲』の一番手は,マイルスでもチックでもなく,ジム・ホールである! 何と言ってもジム・ホール自身の全ディスコグラフィにとどまらず“あの”CTIレーベル全体の中でも最大のヒット作なのだから…。

 ここまで書くと,次は『アランフェス協奏曲』をめぐる,マイルスチックに対するジム・ホールの優位性を語るのが常であるが,今回は敢えてその論法は封印しよう。
 なぜって? それこそ『アランフェス協奏曲』最大の聴き所が,ジム・ホールの“まろやかな”エレキ・ギターの音色にある,と思っているからだ。読者の皆さんには,管楽器と同時に鳴り響く,仮想アコギの「ナチュラルな音色」を聴いてほしいと思う。

 このCDへの参加メンバーを見れば『アランフェス協奏曲』が大ヒットしたのもうなずける。ロン・カータースティーブ・ガッドローランド・ハナによるピアノ・トリオに,陰影に富む2人の管楽器奏者,チェット・ベイカーポール・デスモント! そう。ジム・ホールの仮想アコギとチリバツのジャズメンばかりである。
 全員が“抑制美”を意識して演奏している。それゆえジム・ホールも必要以上にアンプのボリュームを上げていない。ついにギタリストの長年の夢が『アランフェス協奏曲』で実現した。
 そう。トランペットサックスギター本来の「繊細な音色」で勝負し,主役を張っている。トランペットサックスは,最初から最後まで“脇役”でしかない。ジャズ界に「ギターの時代」が到来した瞬間である。

PS 『アランフェス協奏曲』と言えば村治佳織ですよね?

(1975年録音/KICJ-2174)

ランキングを見てみよう!