キース・ジャレット・トリオの新作『マイ・フーリッシュ・ハート』を聴き込みすぎたがゆえの“裏ワザ”「ヘッドフォン批評」シリーズ! 棚ボタ・好評連載?の今夜は第3話の最終話です。

 これまで“高級アウトプット・オーディオ”としてのヘッドフォンについて批評してきたが,今夜は“身近な携帯オーディオ”としてのヘッドフォンについて書いてみたい(ただし短編)。

 そもそも,ヘッドフォンと聞いて“高級アウトプット・オーディオ”を思い浮かべる人など,オーディオ・マニア以外にはいないであろう。やっぱりヘッドフォンの本分は「WALKMAN」とか「iPOD」とかの“身近な携帯オーディオ”の一部。これで決まりである。
 さて,ここからが難しい。一口に“身近な携帯オーディオ”の一部と言っても,ヘッドフォン選びは,携帯オーディオに何を求めるかで大きく異なる。例えば,軽さを求めるのか,音質なのか,ファッションなのか,音漏れなのか…。
 管理人は上述の4項目全てを求める! 当然そんな製品など見つからない。ゆえに2つをTPOに合わせて兼用している。

 音質重視&音漏れ防止には,AUDIO−TECHNICAオーディオテクニカ)の「ATH−F5E」であるし,軽量&スタイリッシュなら,SONYソニー)の「MDR−G73SP」である。
 しかしTPO兼用といえども,やっぱり「帯に短したすきに長し」。とりわけ「MDR−G73SP」は,サイズがジャスト・フィットせず,長時間かけていると耳が痛くなる。結果,CDウォークマンのお供にはいつまでも付属品が…。大失敗である。

 さて『マイ・フーリッシュ・ハート』を,いろいろな音で聴きたいがばかりに3日間続けた「ヘッドフォン批評」でしたが,今夜で手持ちのヘッドフォン5台全てを紹介し終えることができました。お付き合いいただきましてありがとうございました。
 再度,ヘッドフォン批評があるとすれば,それは「STAX」だ! くそ〜,いつか絶対買ってやるぅ!