管理人のフェイバリット,キース・ジャレットの新作が出た。『マイ・フーリッシュ・ハート』! キース・ジャレット・トリオ結成25周年記念,キース“とっておきの”大傑作! 素晴らしい!
 …と,絶賛はここまで。この記事は『マイ・フーリッシュ・ハート』のCD批評ではない。『マイ・フーリッシュ・ハート』を聴いて生じた,生活の変化,について徒然と…。

 人間って何でこんなに飽きっぽい生き物なのだろう。どんなにスリリングで奥深い作品であっても,毎日毎日聴き続けると飽きてくる。『マイ・フーリッシュ・ハート』の出来不出来とは別の所でなぜかそう感じてしまった。こんなに大好きなキース・ジャレットなのに…。近年では最高のトリオ作であるというのに…。

 そこでふと思った。毎食毎食,高級料理のフルコースばかり食べさせられる王族も大変なんだろうなぁ。→ 味付けの変化はスパイスの活用 → ヘッドフォンを変えてみよう。
 キターッ! あの『マイ・フーリッシュ・ハート』が蘇った! ってな感じで,今夜は久々の「ヘッドフォン批評」です。

 TEACティアック)の赤外線式コードレスヘッドフォンシステムHP−990iR」は,外来ノイズに強い赤外線光伝送システムを採用し,クリアなサウンドを自由に楽しめる密閉型モニタータイプのコードレスヘッドフォン
 重低音から中高音まで広帯域再生を可能にする大口径40mmドライバーユニット搭載はお見事である。その上,コードレスゆえの特徴=ヘッドフォンを装着したままボリュームをコントロールできる。しかも左右独立式である。

 …と,高らかに高音質を謳っているが,そこはコードレスゆえの限界。あのノイズが聴こえる限り高級品には成り得ない。だが,そこが郷愁を誘ってもいる。そう。FMラジオ! 
 FMから『マイ・フーリッシュ・ハート』が流れてくる! エアチェック世代の管理人にとっては,それだけでポイントアップ! ラジオ音質には劇的に雰囲気を変える力がある!

 しかし「HP−990iR」の購入は失敗であった。本当はベッドに寝ころびながらゴロゴロ → スヤスヤ安眠目的で購入したのだが,この超本格的な高級ウレタンレザーの装着感&密閉型の重量感が,リラックスするには“不向き”である。