アナログレコード

 『EARTH WALK』の4曲目は【PRIESTESSES OF THE MIST】(以下【プリーステシズ・オブ・ザ・ミスト】)。


 【プリーステシズ・オブ・ザ・ミスト】は,グレッグ・オズビーソプラノ・サックスが“妖しげ”に鳴り,ロニー・ブラキシコの“地を這う”ベースがリズムを打つ。
 2人のコラボレーションを軸に,他のメンバーが絡み合い,高音と低音の隙間を埋めている。

 この神秘的な密度感はグレッグ・オズビーのものであるが,成功の陰にゲイリー・トーマスフルート有り。絶妙にメロディからアウトしていく「笛の音」が効果音的に使われている。緊張感が持続している。

 ただし【プリーステシズ・オブ・ザ・ミスト】が描き出す“闇の夜の得体の知れない緊張感”は,正直好みではない。どうも夜中に「笛の音」が聞こえると,ドキドキ・ソワソワ・ジトジトと…。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

JACK DeJOHNETTE SPECIAL EDITION
JACK DeJOHNETTE : Drums
MICKAEL CAIN : Piano and Synthesizers
GARY THOMAS : Tenor Saxophone and Flute
GREG OSBY : Alto and Soprabo Saxophone
LONNIE PLAXICO : Bass


アース・ウォーク
ランキングを見てみよう!