『THE GENIUS OF BUD POWELL』の8曲目は【HALLUCINATIONS】(以下【ハルシネイションズ】)。


 【バドゥ】としてマイルス・デイビスによって“トリビュート”された【ハルシネイションズ】は,意外なほど“あっさり系”である。 ← そりゃぁ,マイルス9重奏楽団を聴き慣れた耳には“あっさり系”に聴こえるわなぁ。

 ここに管理の“後悔の日々”がある。『クールの誕生』収録の【バドゥ】を先に聴いてしまったばっかりに【ハルシネイションズ】をバド・パウエル一流の名演と認めつつも,いかんせん“あっさり系”第一印象が抜けきらない。

 かたや超大物9人衆。かたやパウエル唯1人。すでに勝負は決している。これがバラード・ナンバーであれば,ソロ・ピアノにも勝機があったかもしれないが【ハルシネイションズ】は“バップ・ピアノ”ですので…。

 マイルス・デイビスに影響されまくって,冷静な批評ができない自分と対峙する。そう。管理人にとっての【ハルシネイションズ】とは『自己との対話』−ビル・エヴァンスなのである。

BUD POWELL : Piano