アナログレコード

 『EMERGENCY!』の1曲目は【EMERGENCY】(以下【エマージェンシー】)。


 【エマージェンシー】は,非常事態宣言&戒厳令発動中のような不穏なムードと空気感! テーマの響きが情緒不安定へと一気に誘う切れ味である。この重量感が,わずか3人のオルガン・トリオの演奏だとは信じ難い。今聴いても驚異的である。
 
 やっぱりトニー・ウィリアムスのド迫力・ドラミング! ドラムの強烈なプッシュを受けたギターオルガンが極上リズムに絡みつき,これまた“ぶっ飛んでいく”! 基本,トニー・ウィリアムスドラミングの変化に呼応した“アドリブ合戦”が延々繰り広げられている。壮絶な撃ち合いである!

 再度,やっぱりトニー・ウィリアムスのド迫力・ドラミング! イントロのドラム・ロールからわずか数秒でMAXに持っていく肩作りの早さはタイガース・藤川球児並み。そして4分38秒からの,ブレーキの効いた4ビートはレッドソックス・岡島秀樹並み。
 おっと脱線。真面目にジャズフュージョン…。7分後半からの連打は“爆撃機”と称されたデニス・チェンバースと張っている。

 ジョン・マクラフリンのノイジーなフレーズと実際のアンプ・ノイズも最高だし,ラリー・ヤングの控え目だが“ここぞ”という時のアドリブもいい。そう。【エマージェンシー】は「ライフライム」の3人がバンドとして一体となった瞬間のドキュメント!
 きっと読者の皆さんの背筋にも“稲妻”が走りますよっ。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

THE TONY WILLIAMS LIFETIME
TONY WILLIAMS : Drums, Vocal
JOHN MCLAUGHLIN : Guitar
LARRY YOUNG : Organ


Emergency!
ランキングを見てみよう!