アナログレコード

 大半のジャズフュージョン・ファンにとって,1969年=『BITCHES BREW』(以下『ビッチェズ・ブリュー』)であろう。そう。言わずと知れた「電化マイルス」の超大作である。
 しかし,ジャズフュージョン・ファンの10人に1人か2人は,1969年=『EMERGENCY!』(以下『エマージェンシー!』)と答える。そう。マイルス・デイビスが「正真正銘の天才」と認めたトニー・ウィリアムスが,そのマイルス・バンド独立直後に録音した「ライフタイム」の名盤である。

 そこで管理人の答えであるが,1969年=『ビッチェズ・ブリュー』&『エマージェンシー!』と答える! 禁じ手とお思いかもしれないが,管理人にとってこの2枚は,偶然ではなく「必然の組曲」! 「マイルス & トニー」が無意識のうちに作り上げた組曲! 一貫性&相互作用がある!
 そう。『ビッチェズ・ブリュー』&『エマージェンシー!』は,同じベクトルの延長線上にある。ジャズフュージョン界にとっての1969年とは「マイルス VS トニー」などではない。これはジャズロックとの戦いであった。そう。同じベクトルの延長線上にあるキーワード,それこそ「打倒!ジミヘン!」なのである。

 ジミヘンことジミー・ヘンドリックスとは“ご存知”ロック・ギタリストのカリスマ! 右利き用ストラトキャスターを逆さまに構えてのレフトハンド&歯で弾いたり,奇抜なファッションでギターに火を放つ姿など,その圧倒的パフォーマンスは余りにも有名。
 所謂,3大ギタリスト(エリック・クラプトン,ジェフ・ベック,ジミー・ペイジ)の一人ではない。それ以上である。エリック・クラプトンが「僕とジェフ・ベックが二人がかりでいっても,ジミにはかなわないだろう」と語ったことがあるように,3大ギタリストを越える“ギターの神様”なのである。
 そしてここが要点であるが,ジミヘンが真に越えたのは「1楽器としてのギターの壁」などではない。「ジャズとロックとの壁」をも越えて,新しいジャズ・ロックフュージョンの誕生に少なからず影響を及ぼしたことである。何と言っても“ジャズの帝王マイルス・デイビスをして「ジミヘンは自分がやりたい事を先にやった」と言わしめているのだから…。

 『ビッチェズ・ブリュー』&『エマージェンシー!』の両方に参加したギタリストジョン・マクラフリンは,録音時に「ジミ・ヘンドリックスのように弾くんだ」と指示されたと語っている。
 そう。マイルス・デイビストニー・ウィリアムスも自分のバンドで“仮想ジミヘン=ジョン・マクラフリン”との共演を望んだ。それが『ビッチェズ・ブリュー』であり『エマージェンシー!』の真実だと思っている。これが「必然の組曲」を語る所以である。

 さて,ここからは『エマージェンシー!』の個別批評
 「トニー・ウィリアムス・ライフタイム」とは“仮想ジミヘン=ジョン・マクラフリン”をメンバーに迎えた,天才ドラマートニー・ウィリアムスのバンドである。そう。あくまでも聴き所はトニー・ウィリアムスドラミングである。ここを押さえて聴いてほしい。

 エレクトリックアコースティックが“目まぐるしく移ろいゆく”のが「トニー・ウィリアムス・ライフタイム」の真骨頂! 「オルガン・トリオ」というジャズの伝統フォーマットでありながら,あくまでもロック・テイストを感じさせる秘訣こそ,トニー・ウィリアムスドラミングなのである。
 同じ8ビートを刻んでいるはずなのに“時に16ビートのような,時に4ビートのような”トラック毎に使い分けた“自由自在なドラミング”! これぞロック風アプローチにジャズ特有のアドリブが加わった“ジャズとロックの融合”フュージョンドラミングの完成形であろう。

 フュージョンが誕生した実り多き1969年。この『エマージェンシー!』の3ヶ月後に『ビッチェズ・ブリュー』が録音され,その同じ月にジミヘンが“伝説”と化した「ウッドストック」が開かれた。
 それまでマイルス・デイビスとジミ・ヘンドリックスに影響されてきた,天才ドラマートニー・ウィリアムスが“先陣を切って”偉大な2人に影響を及ぼしたのかもしれない。そう考えると…。

(1969年録音/POCJ-2538)

ランキングを見てみよう!