『THE 2ND CRUSADE』の3曲目は【GOTTA GET IT ON】(以下【ゴッタ・ゲット・イット・オン】)。


 【ゴッタ・ゲット・イット・オン】は,よく歌うメロディと“シャッフル”したリズム(←意味不明)が“売り”のはずだが,その両者共にエレキ・ギターが主役である! 超カッコイイ!
 そう。クルセイダーズの4人が,ツイン・ギターあるいはギター・トリオに喰われている。1分31秒からのテーマにしても“ギター・ヒーロー”たちのリフばかりがやけに印象に残ってしまう。これは超カッコイイ!

 何だか褒めているのか,けなしているのか分からない批評であるが,これには楽曲への“迷い”が影響したのであろう。
 【ゴッタ・ゲット・イット・オン】のメロディ・ラインは管理人好みである。そしてこのリズムも管理人好みである。だが不思議なことに,例のクルセイダーズ“らしさ”を感じないのがモドカシイ。
 このマイナスは,ただ単純に組み合わせの問題? ジャズ・ファンクしてはいるのだが,メロディで押すかリズムで押すか,両者共“秀逸”ゆえに“二兎”を追ってしまったのだろうが,主題選択への“迷い”を名ギタリストたちが見逃すはずがない!

 ジャズギターファンクとしては申し分ないが,ジャズ“クルセイダーズ”ファンクとしては“らしさ”がない。エレキ・ギターの出来が良すぎるがゆえ,クルセイダーズ・ファンとしては「判断微妙」なトラックである。

THE CRUSADERS
NESBERT "STIX" HOOPER : Percussion, Effects
JOE SAMPLE : Keyboards
WILTON FELDER : Saxes, Electric Bass, Bass Marimba
WAYNE HENDERSON : Trombone

ARTHUR ADAMSGuitars
LARRY CARLTONGuitars
DAVID T. WALKERGuitars