THE WAY UP - LIVE-1 生涯に一度“立ち会えるか”どうかの奇跡のライブ! そのライブを偶然収録することができた奇跡のDVD! それこそ“我らが”パット・メセニー・グループの『THE WAY UP - LIVE』(以下『ザ・ウェイ・アップ ~ ライヴ』)である。
 『ザ・ウェイ・アップ ~ ライヴ』のおかげで,管理人も上記「奇跡の二重奏」の“目撃証人”となることができた。いずれ読者の皆さんも…。

 むろん,正確には『ザ・ウェイ・アップ ~ ライヴ』は「奇跡の二重奏」などではない。恐らくライブの出来に関しては,パット・メセニー・グループというもの,ツアー中も更なる向上を目指すことで知られるバンドであるがゆえ,最終公演近くの“練りに練り上げられ,成熟された演奏”がベストだったと思うし,収録日に関しては,現地韓国スタッフが入念な準備のもと,いわばライブの開演を“手ぐすね引いて待ち構えていた”状態だったとも思う。
 そんなの分かりきっている。百も承知である。でも,それでも管理人は『ザ・ウェイ・アップ ~ ライヴ』を,敢えて「奇跡」と呼ぶのである! ← 「セラビー,カッコイイ」! この掛け声はオリエンタルラジオ風でお願いしま~す。

 それはなぜか? 理由は『ザ・ウェイ・アップ』という楽曲のインパクトに尽きる!
 『ザ・ウェイ・アップ』を(例えば1年後などと)時間を空けて,このクオリティで再演することなど,それが天才集団=パット・メセニー・グループの現メンバーたちであったとしても不可能に違いない,と思うからだ。

 『ザ・ウェイ・アップ』の解説は次期CD批評に委ねることとし,ここでは詳細は述べない。
 ただ一言。『ザ・ウェイ・アップ』こそ音楽家=パット・メセニーの全て。間違いなく彼の最高傑作であろう。
 そう。『ザ・ウェイ・アップ』は,どこをどう切っても,メセニー節のオンパレード。68分にも及ぶ超大作を暗譜するのも大変だろうが,パット・メセニーの音符を弾ききることはもっと大変。一回一回の演奏が大チャレンジの場と化している。

 管理人が上記の結論に達したのは,ふと目にした「特典映像」にヒントがあった…。
 これまで何度,この『ザ・ウェイ・アップ ~ ライヴ』を視聴したことだろう。骨の有りすぎるDVDであるだけに何度も繰り返し視聴してみたが,自分の言葉でDVD批評を執筆できるレベルまでは達しない。これほど“凄い&手強い”DVDは初めてである。
 読者の皆さんも,一度や二度は体験済みだと思いますが,演奏鑑賞中に手が止まってしまう。もはや批評どころではなくなってしまう。トリップさせられてしまう。例のアレのことです。

 それで特に興味があったわけでもなく“筆休め”のつもりで見た“おまけ”=「パット・メセニー・インタビュー」の中に『ザ・ウェイ・アップ ~ ライヴ』の秘密を解き明かす答えがあった!

 自宅には年に10日程しかいない,世界一の音楽バカ?=パット・メセニーをして「今回のツアーは特別」だと語っている。
 『ザ・ウェイ・アップ』については「スタジオの利点を生かして制作しようと思った。ライブのことは念頭になかった。“ライブで演奏するのは大変だ”と,過去の自分に文句を言いたい…」とも語っている。
 そう。スタジオ・ワークと位置づけていた『ザ・ウェイ・アップ』の再演が,今回のツアーの一番の見所。いつもの新鮮なアドリブへの探求心など微塵も感じられない。

THE WAY UP - LIVE-2 毎回会場も異なればオーディエンスも異なる。レコーディングからツアー・メンバーも変わっている。再演不能の理由なら幾らでも挙げることができるだろう。
 しかしそんな障害など何も無かったかのごとく,パット・メセニー・グループは『ザ・ウェイ・アップ』の再演を目指す! 過去の偉大な自分たちへ近づくため,いや,過去の偉大な自分たちを越えるために,新生パット・メセニー・グループが“命を削っていく”のである。

 ただし,これはチャレンジであって苦行ではない。演奏中のメンバーの表情を見ていると,全員が超難曲『ザ・ウェイ・アップ』の演奏にハマッている。とりこになっている。この楽曲の深みへと誘われている。
 そんな超難曲と真剣に向きあい,幾つものギターを“弾きまくる”パット・メセニーの表情にグッとくる。

 『ザ・ウェイ・アップ』のCDもそうだが『ザ・ウェイ・アップ ~ ライヴ』のDVDも,そう何度も視聴できるものではない。
 何せ1曲68分(ボーナス・トラック入り日本盤CDは更に驚異の74分!)の「プロテスト・ミュージック」! 所有していても,そう易々と視聴できるものでもない。リスナー側にも「時間・体力・集中力」が要求されている。

 しかし注ぎ込んだその努力は必ず報われる。準備すれば準備するほど,得られる感動は倍加する。努力と喜びは『ザ・ウェイ・アップ ~ ライヴ』に関する限り比例する。
 この全てに関して管理人が全責任を担おう。そう。管理人のジャズフュージョン批評家人生をかけて「五ツ星」を保証する。

  01. OPENING
  02. PART 1
  03. PART 2
  04. PART 3

    PAT METHENY GROUP
    PAT METHENY : Guitars
    LYLE MAYS : Piano, Keyboards
    STEVE RODBY : Acoustic Bass, Electric Bass
    ANTONIO SANCHEZ : Drums, Electric Bass
    CUONG VU : Trumpet, Vocals, Percussions, Guitar
    GREGOIRE MARET : Harmonica, Guitar, Vocals,
                   Percussions, Electric Bass

    NANDO LAURIA : Guitar, Vocals, Misc Percussion &
                Instruments


(ビデオアーツ/VIDEOARTS 2006年発売/VABG-1216)
(ライナーノーツ/工藤由実,パット・メセニー)
★特典映像:パット・メセニー・インタヴュー

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)