アナログレコード

 『HANK MOBLEY WITH DONALD BYRD AND LEE MORGAN』の2曲目は【DOUBLE WHAMMY】(以下【ダブル・ワミー】)。


 【ダブル・ワミー】は,キャッチーなテーマを持ってはいるが,かなり活発なリズムが突き上げてくる! 例の「白鳥のバタ足」である,と書こうと思ったが,実はその逆なのでは? と最近思うになってきた。

 そう。【ダブル・ワミー】は,フロントの3管コンビネーションによる“自作自演”である! なぜなら3人とも自分のソロでは思いっきり吹き切っているが,3管Bフラットだからこそ成立したアンサンブルでは,実にまろやか! そう。アドリブとアンサンブルとの対比だけで「白鳥のバタ足」を襲名することは十分可能である。

 1分後半から2分台半ばにかけての,ハンク・モブレーアドリブの合間に“合いの手”を入れた,ドナルド・バードリー・モーガンであるが,いざ自分の出番となれば,人が変わったように強烈なハイトーンで場をかき回す!

 さて,こう書くとハンク・モブレーが,若きトランペット・スターの“前座”のように思えるかもしれないが“お人好し”ハンク・モブレーは,初めからこのシナリオの筋書きを準備し,2人のバトルには加わっていない。
 上記「白鳥のバタ足の逆バージョン」を感じたのはそのためだろう。事実【ダブル・ワミー】におけるハンク・モブレーは,3管Bフラットの一員と言うより,リズム隊の一員のごとく,とりわけホレス・シルヴァーと連動している。
 そう。【ダブル・ワミー】における『ハンク・モブレー・セクステット』とは,3ホーンピアノ・トリオ(3:3)などではなく,ツイン・トランペットテナー・サックスピアノベースドラム(2:2:2)によって構成されている? そう思って聴き直すと“しっくり”くる。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

HANK MOBLEY SEXTET
HANK MOBLEY : Tenor Sax
DONALD BYRD : Trumpet
LEE MORGAN : Trumpet
HORACE SILVER : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
CHARLIE PERSIP : Drums


ハンク・モブレー・セクステット
ランキングを見てみよう!