アナログレコード

 『BALLADS』の7曲目は【IT’S EASY TO REMEMBER】(以下【イッツ・イージー・トゥ・リメンバー】)。


 【イッツ・イージー・トゥ・リメンバー】は,ジョン・コルトレーン“入魂”のバラード。愛する人を「容易に思い描く」という曲名に釣られたのか? 曲想に完全に入り込んでいる。テナー・サックスで愛を囁いている。

 【イッツ・イージー・トゥ・リメンバー】は,ジョン・コルトレーンの片思いのラブ・ソングである。もはや空想上の理想のアイドルへの告白とでも言えようか。頭の中は思い浮かべた愛する女性で目一杯。あの笑顔が片時も頭から離れないと言う“アレ”である。

 ジョン・コルトレーンの片思い・応援隊長がマッコイ・タイナー! “さりげなく,遠回しに,絶妙のタイミングで”コルトレーン背中を優しく押し続けている。
 いつもピアノテナー・サックスの一歩前を行き,テナーのスムーズな音通りに貢献している。さすがである。

 2分30秒から33秒までのエルヴィン・ジョーンズドラミングが,勇気100倍! きっと想いは伝わる。通じ合う。
 【イッツ・イージー・トゥ・リメンバー】さえあれば,もう愛を囁く言葉に意味はない。
 
CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

JOHN COLTRANE QUARTET
JOHN COLTRANE : Tenor Sax
McCOY TYNER : Piano
REGGIE WORKMAN : Bass
ELVIN JONES : Drums


Ballads
ランキングを見てみよう!