アナログレコード

 『TONIC』の1曲目は【INVOCATION】(以下【インヴォケイション】)。


 【インヴォケイション】は,90%アドリブの難曲である。残念ながら,耳が“置いて行かれる”実感がある。これは凄い!

 オープニングの1分間は,静寂に包まれた,民族音楽的アプローチであるのだが,ここで早くも「誰を追いたかけたらよいのか」分からなくなる。3人とも好き勝手に演奏しているようでいて,きっちりとまとまっている。この“成熟度”が“最先端”ピアノ・トリオの証しである。

 管理人の中で長らく【インヴォケイション】は,続く【アフリーク】への“プレリュード”的位置付けにあったが【インヴォケイション】を【アフリーク】の“引き立て役”として聴くのはもったいない,と思うようになってきた。

 メデスキ,マーチン&ウッドは,いつでもそうだが,曲毎の主題などあってもないようなもの。
 それでも強引にテーマを探してみると,恐らく,4分15秒からのクリス・ウッドベース・ラインであろう。そこへジョン・メデスキピアノが“ガツッ”と一音,力を込めて“のっかってくる”感じがアクセント!

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

MEDESKI, MARTIN & WOOD
JOHN MEDESKI : Piano, Melodica
BILLY MARTIN : Drums, Percussion, Mbira
CHRIS WOOD : Bass



TONIC
ランキングを見てみよう!