『MASATO HONDA WITH VOICE OF ELEMENTS』の6曲目は【LAUTAN HINDIA】。


 管理人がVOEに求めていたものが【LAUTAN HINDIA】の中にある。極上バラードに毎回泣けてしまう。
 様々な思い出が走馬燈のように駆け巡る。こんなバラードを聴かせられたらペンなど走るはずがない。いい,としか書けない。

 3分19秒からの本田雅人アドリブが終わり,4分0秒からのテーマと“合体する瞬間”が鳥肌もの。
 そして改めて松本圭司は凄いと思う。こんな名曲を書き,ピアノ名演で花を添える。イントロと2分10秒からのピアノ・ソロが美しい。加えて,それまでずっとアルト・サックスで奏でていたテーマを4分42秒からのラストの1フレーズだけ,ピアノで奏でるセンスが素晴らしい。

MASATO HONDA WITH VOICE OF ELEMENTS
MASATO HONDA : Saxophones, EWI, Flute, Synth-programming
KEIJI MATSUMOTO : Keyboards, Piano, Guitar, Accordion, Synth-programming
MITSURU SUTOH : Bass
HIROYUKI NORITAKE : Drums