『T.K.』の6曲目は【ALWAYS TOGETHER】(以下【オールウェイズ・トゥギャザー】)。


 【オールウェイズ・トゥギャザー】は“懐かしい”感じのラブ・バラード。その昔,LFでやっていた日立「ミュージック・イン」で流れていそうなトラックである。← これで分かる人っているのかな? 正解は,スティービー・ワンダーなどのモータウン&ブラック・コンテンポラリーがよく流れる,AMラジオでは珍しい「ザ・音楽番組」でした。

 元来,ザ・システムデヴィッド・フランクの“デジタルな”グルーヴは,アップテンポよりもミディアム~スロー・ナンバーで輝きを増す。その手法をそのまま取り入れた【オールウェイズ・トゥギャザー】ゆえ,エレクトリック・ファンクになって当然のはずが,伊東たけしのエレクトリック“封印”の影響ゆえに,ブラック・ファンクへと変貌を遂げる。

 男女ツイン・ボーカルに負けじと,3人目のボーカリスト伊東たけしアルト・サックスで“歌っている”。伊東たけしのワン・ホーンは,二人のボーカリストを主役から追いやる,完璧な出来であるが,ここはエレクトリック・ファンクリリコンの投入が正解だったのでは?

 CD発売当時は「ザ・システム」の“一世風靡”黄金時代。斬新すぎる最新のサウンドであったが,今,聴き直すと正直古臭い。そう。日立「ミュージック・イン」向けである。

TAKESHI ITOH : Alto Sax
DAVID FRANK : Keyboards, Synthesizers, Drum Machine and Programming
IRA SIEGEL : Guitar
CRAB ROBINSON and DEBBIE COOPER : Lead Vocals