アナログレコード

 『OUT LOUDER』の1曲目は【LITTLE WALTER RIDES AGAIN】(以下【リトル・ウォルター・ライズ・アゲイン】)。

 
 【リトル・ウォルター・ライズ・アゲイン】は,ジョン・スコフィールドでもなく,メデスキ,マーチン&ウッドでもない“メデスコ”サウンドのお披露目にふさわしい,イッツ・グルーヴ

 ビリー・マーチンドラミングが【リトル・ウォルター・ライズ・アゲイン】の核! このグルーヴギターオルガンベースが,時に淡々と時に爆発気味に乗りこなしていく! 3者3様のスタイルの違いが興味深い。

 13秒からの“テーマ七変化”を,ジョン・スコメデスキが“センス抜群”で演出する。1分2秒からのギター・ソロも凄いが,オルガンのバッキングがこれまた凄い! 
 3分6秒からのジョン・スコフィールドジョン・メデスキによる掛け合い“コール&レスポンス”がメロディック! これぞジャズジャムの真髄である。 

 個人的には1分43秒から攻勢に出る“豪奢な”オルガンアドリブ〜2分13秒からの骨太なピック・ベース・ソロへの繋ぎが大好物である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

MEDESKI, SCOFIELD, MARTIN & WOOD
JOHN MEDESKI : Keyboards
JOHN SCOFIELD : Guitars
BILLY MARTIN : Drums and Percussion
CHRIS WOOD : Basses


OUT LOUDER
ランキングを見てみよう!