アナログレコード

 ジャズフュージョン・ギタリスト=ジョン・スコフィールドは2004年,ジャック・デジョネットラリー・ゴールディングスと組んだ“トニー・ウィリアムス・トリビュート”のオルガン・トリオ=「トリオ・ビヨンド」スペシャル・セッションへ参加した。
 あの極上セッションが引き金となって2006年に結成されたのが“メデスコ”を名乗る新バンド「メデスキ,スコフィールド,マーチン&ウッド」である。そう。メデスコは「ジャム・ギタリスト」ジョン・スコフィールド+最強オルガン・トリオの「対等合併」スーパー・バンドである。

 「対等合併」という表現には意味がある! メデスコのデビューCDOUT LOUDER』(以下『アウト・ラウダー』)の発売元が,メデスキ,マーチン&ウッド設立の新レーベル第一弾ということで,世評ではジョン・スコフィールドメデスキ,マーチン&ウッドに“呑み込まれた”構図であるが,実はそうではない。
 この音! 音! これぞジョン・スコ・サウンド! ジョン・スコフィールドが「メデスキ,スコフィールド,マーチン&ウッド」の“イニシアティブ”を握っている。この“ジョン・スコ主導”の背景には,9年前の伏線CDア・ゴー・ゴー』での共演歴が関係している。
 ジョン・スコフィールドの『ア・ゴー・ゴー』へ“バック・バンド”として参加当時の3人は,まだ“若手の有望株”扱い。メデスキ,マーチン&ウッドの名声がジャズ・マニアの間で一気に高騰したのは『ア・ゴー・ゴー』での快演にあった。
 そう。『ア・ゴー・ゴー』は,ジョン・スコフィールドにとっても,メデスキ,マーチン&ウッドにとっても超自信作の出世作! 成功の要因こそ,相性を越えた相性の良さ! 双方の“輝き”が明らかに増幅していた。
 思うに「トリオ・ビヨンド」での演奏が,ジョン・スコフィールドオルガン・トリオとの“相性の良さ”を思い起こさせたのではなかろうか?

 そこで「対等合併」リターンズ! 9年の時の経過がメデスキ,マーチン&ウッドを「ジャム界のVIP」へと押し上げた。今やジョン・スコフィールド>が一声かけようとも,VIPな彼らを簡単に呼び寄せることなどできやしない。
 それでジョン・スコ自らが動いた! 最強オルガン・トリオの音を手に入れるために,メデスキ,マーチン&ウッドの3人に自分を“呑み込ませた”というシナリオであろう。
( ジャズフュージョン・ファン向けに説明するなら,パット・メセニーブラッド・メルドー・トリオとの関係と言えば早いかも… )

 『アウト・ラウダー』で“聴かせる”ジョン・スコフィールドエレキ・ギターは,独特なタイム感の“ウネウネ系”! “狙い通り”メデスキ,マーチン&ウッドの“ユルユル”のインプロヴィゼーションと見事にハマッテいる!
 このラフな演奏も,普段の“キレキレ&ホーンのような大ブロー&スロー・ハンド”ギタリストとしては見せない,彼の“素顔”の一面に違いない。自分の望み得る最高のオルガン・トリオをバックに,自由に伸び伸びと,ノドの奥に詰まらせていたであろうアドリブが解き放たれている! 表向き「対等合併」の真実は「メデスコ・フィーチャリング・ジョン・スコフィールド」なのである。

 “迎え撃つ”メデスキ,マーチン&ウッドの演奏も,いつもの“パターン化されたオリジナル・ジャム”から離れて,昔のジャズ寄りの名演で応えている。彼ら3人もまた,今回の“実験”成功にニンマリしたのでは?
 特にビリー・マーチンドラムクリス・ウッドベースは,通常なら第一のジョンジョン・メデスキ一人と対決すれば良かったが『アウト・ラウダー』では第二のジョンジョン・スコフィールドとも相交える! 2倍の忙しさで膨らまされた,いつもの“とぐろ”が一層大きく力強い。やはりジャズジャムの本質はインタープレイアドリブにある!

 なお日本盤『アウト・ラウダー』は,通常スタジオ盤+『実況演奏録音盤付』二枚組仕様! メデスコ,白熱の全米ツアーからのライブ音源が追加収録されている。
 メデスコの真価はライブにあると想像していたが,これが意外や意外,印象としてはライブ盤もスタジオ盤の延長であった。
 そうなんだ…。スタジオ盤も一発録りだったんだ…。そう。スタジオでもライブでも“二度と同じ演奏はしない”メデスコ! メデスキ,マーチン&ウッドの“パターン化されたオリジナル・ジャム”が基本ゆえ,安心してアドリブの変化を楽しめる! 4人のアドリブは「個」ではなく「バンド」の域に達している。メデスコのキーワード,それは9年間の「熟成」なのである。
 このクリエイティブなジャズジャムを若者だけに聴かせておくのはもったいない。そう。大人が楽しむジャズジャム。それが「メデスキ,スコフィールド,マーチン&ウッド」なのである。

(2006年録音/UCCM-1112/3)

ランキングを見てみよう!