『THE 2ND CRUSADE』の2曲目は【TAKE IT OR LEAVE IT】(以下【テイク・イット・オア・リーヴ・イット】)。


 【テイク・イット・オア・リーヴ・イット】は,ツインのリズム・ギターに導かれ,得意の“ジャズ・グルーヴ”がオーヴァーラップする! リズムを「クリエイト」するクルセイダーズが,超カッコイイ!

 ソロイストは1分58秒からのウェイン・ヘンダーソンただ一人。サックスキーボードもリズミックなテーマに彩りを添える,言わばサイドメン的役割に徹しているのだが,これが完全なる「ザ・クルセイダーズ・サウンド」。そう。サックスキーボードもリズムに共鳴し,胎動し躍動し“うねり”の中心に座している。

 一例として(同じフレーズの方が分かりやすいと思うので)ウィルトン・フェルダーベースの動きを耳で追っていただきたい。
 おとなしめの前半部→トロンボーン・ソロにシンパシーを感じた中盤→アドリブ炸裂の3分23秒前後のフレーズは,テンポも節回しも同じなのに,印象度が徐々に上がっていく。
 ラストは“定番のジャズ・グルーヴ”をも突き抜けた,ただの気持ちいい“解放感”に満たされる。いい。

THE CRUSADERS
NESBERT "STIX" HOOPER : Percussion, Effects
JOE SAMPLE : Keyboards
WILTON FELDER : Saxes, Electric Bass, Bass Marimba
WAYNE HENDERSON : Trombone

ARTHUR ADAMSGuitars
LARRY CARLTONGuitars
DAVID T. WALKERGuitars