《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は408位~410位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

BUD POWELL★410.STELLA BY STARLIGHT
BUD POWELL
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

KELLY AT MIDNIGHT★408.TEMPERANCE
KELLY AT MIDNIGHT
ウイントン・ケリー

--------------------------------------------------------------------------------------

フル・ハウス★408.S.O.S.
FULL HOUSE
ウェス・モンゴメリー

--------------------------------------------------------------------------------------

 ウェス・モンゴメリーは,バックがどんなに大物であっても,存在感の薄れない稀なギタリストである。
 【S.O.S.】では,同率ランクインの“個性派テクニシャン”ウイントン・ケリーと共演しているが,ウェス・モンゴメリーの高速アドリブが,あのウイントン・ケリーをリードしていく!
 ケリー節全開の【テンパランス】を愛する人は【S.O.S.】は聴かない方がいいと思う。

 仮にウェス・モンゴメリーが“超・個性派テクニシャン”バド・パウエルと共演したならば…。ガップリ四つの大相撲…。想像するだけで楽しい一日が過ぎ去ってしまいます。はい。

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)