『PORTRAIT IN JAZZ』の9曲目は【SOMEDAY MY PRINCE WILL COME】(以下【いつか王子様が】)。


 ご存知,ディズニー「白雪姫」の挿入歌【いつか王子様が】である。ただし原型はとどめていない。テーマ以外はアドリブが持続している。
 誰もが知っている名曲なので,ジャズ初心者でも楽しめる。しかし実際はかなりの“ジャズ通”向け! 「敷居の高い」上級者向けの一曲なのである。

 と言うのは,管理人の実体験から…。
 ジャズを聴き始めた頃は,自分の知っている曲がスイングしているのが“面白かった”。このデフォルメが,いかにもジャズっぽい。雰囲気だけで聴いていた。
 しかし,いつ頃からだろう。雰囲気だけでは楽しめなくなった。毎回耳が“釘付け”になってしまう。ビル・エヴァンスの,いいや,ビル・エヴァンス・“トリオ”のインタープレイに,耳が這い蹲ってしまうのである。聴けば聴く程,これが“即興”であるとは信じられなくなる ← 勿論,リハーサル済みでした。

 一通りテーマを弾き終えた,37秒からの第2章の開始と同時に“いきなり”スコット・ラファロが“下へ下へ”と潜っていく。と同時にポール・モチアンがブラシでプッシュ! このグルーヴに,ビル・エヴァンスが“たまらず”白眉のアドリブで応えていく!
 初心者にとっては難解な,1分4秒から3分10秒までのインタープレイが【いつか王子様が】のハイライト! 真の聴き所なのである。特にポール・モチアンの“仕事ぶり”がいい。

 ビル・エヴァンス・トリオの【いつか王子様が】は子供向けなどではない。R−18指定,大人のジャズ・マニア限定の「ひそかな」楽しみである。

BILL EVANS : Piano
SCOTT LaFARO : Bass
PAUL MOTIAN : Drums