アナログレコード

 ハンク・モブレーは“お人好し”である。メチャいい人! こう書くと,首を縦に振る人がいることは分かっている。
 首を縦に振る人の大半は,モブレーの代表作『ソウル・ステーション』の愛聴家であろう。ソフトで控え目で繊細で心温まる“アンニュイ”なハンク・モブレー! これぞジャズ・ファンにとっての“癒やし”の名盤である。

 ハンク・モブレーは“お人好し”である。メチャいい人! こう書くと,首を横に振る人がいることも分かっている。
 首を横に振る人の大半は,B級ハード・バッパーとしてのハンク・モブレー・ファンであろう。アグレッシブなブルース調で“ブイブイ”吹きまくる! 確かに“強面”のハンク・モブレーこそ,ハード・バップ・テナーの大スター! 生涯ハード・バッパーであり続け,自己の音楽スタイルを貫き等した“姿勢”においても“ハード”な人に違いない。

 さて,ここで再度宣言する! ハンク・モブレーは“お人好し”である。メチャいい人! この宣言はハンク・モブレー=“強面”ハード・バッパーと“思い込んでいる”読者に向けての言葉である。
 今回はハンク・モブレー=“強面”支持者が,その持論の根拠とする『HANK MOBLEY WITH DONALD BYRD AND LEE MORGAN』(以下『ハンク・モブレー・セクステット』)を例に,管理人の“お人好し”持論を展開してみよう。

 『ハンク・モブレー・セクステット』は,ブルーノート(12インチ)におけるハンク・モブレーの初リーダー作! 初リーダー作と来れば“自分がいかに目立つか”が相場であろう。
 しかし『ハンク・モブレー・セクステット』の売りは,ドナルド・バードリー・モーガンの豪華な共演にある! “ポスト・ブラウニー”を狙う,若き2人の天才トランペッターが“火花散らした”アドリブ合戦を繰り広げる!
 「この2人のどちらが凄いか?」論議が沸騰している最中での起用である。当然,話題は2人のトランペッターに集中し,肝心のリーダー=ハンク・モブレーは“ついで&おまけ”扱いである。全ては予想通りの霞ヶ関…。

 ドナルド・バードリー・モーガンの参加については,プロデューサーであるアルフレッド・ライオンの意向もあったであろうが,それでも自分以外に世間の注目が集まることが「見・え・見・え」の中,打診を快く受け入れ,3管セクステット用の新曲まで書き下ろした“奇特な人”。恐らくレコーディング中は,自分の両脇にいる“年下タレント”の熱演に“ニンマリ笑顔”だったに違いない。
 ねっ,ハンク・モブレーって“お人好し”でしょ? メチャいい人でしょ?
 
 加えて,モブレー=お人好し説にはもう一つ理由がある。モブレー=強面説の根拠とされているように『ハンク・モブレー・セクステット』での,ハンク・モブレーの演奏は強い! 敬愛するソニー・スティットばりのストレートなフレージングが“乱舞”する!
 管理人は『ハンク・モブレー・セクステット』を一聴した時,正直とまどった。これが『ソウル・ステーション』と同じテナー奏者の演奏とは思えなかった。
 あのソフトで控え目で繊細で心温まる“アンニュイ”なハンク・モブレーの姿はない。ここにいるのは,周りの人に嫌でも自分を合わせてしまう“お人好し”のテナー・マン。
 一人きりだと静かなのに,共演者が“ワッ”といくと,行く気がないのについて行ってしまう。周りに“つられて”心にもない強面フレーズを繰り出してしまう。自分の個性を押し殺し“ついつい”周りに合わせてしまう。

 『ハンク・モブレー・セクステット』での,ハンク・モブレーは“強面”ハード・バッパーに聴こえるが,これは“お人好し”の裏返し。 
 やはり聴き所は3管なのに2管! そう。ハンク・モブレーが全てをお膳立てし“ナイス・アシスト”を決めた,ドナルド・バードリー・モーガンアドリブ合戦に違いない。

(1956年録音/TOCJ-1540)

ランキングを見てみよう!