アナログレコード

 『RITES OF SUMME』の2曲目は【DADDY’S GOT A NEW GIRL NOW】(以下【ニュー・ガール】)。


 【ニュー・ガール】は,ロベン・フォードばりの“ギター・フュージョン”! このスピード&疾走感がたまらない。

 フュージョン・ギターだ! フリオ・フェルナンデスだ! と思っていると,他の5人が一丸となって襲ってくる。
 キレのいいリズムが,ゴージャスなオルガン+ホーン・キーボードと混じり合い,スパイロ・ジャイラ特有の“グルーヴ”を創り出す! 特に目立つのが各楽器の計算された後処理。タイトに締めるパートとエコーで残響させるパートが微妙に重なり合い,スタジオ録音なのにライブ感が漂っている。GOOD。

 【ニュー・ガール】の真打ち=フリオ・フェルナンデスが,前に後ろに大活躍!
 前面に立ってスポット・ライトを浴びる,例えば1分44秒からのギター・ソロは絶品である。ピンポイントで1分59秒のフレーズは,完全な“うなり声”である。いっている。
 バックに下がっても,例えば40秒から42秒のフレーズなしに,あのサックスによるテーマは語れない。名演である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

SPYRO GYRA
JAY BECKENSTEIN : Saxophones, Synthesizer
TOM SCHUMAN : Keyboards
DAVE SAMUELS : Vibes, Marimba, Percussion
JULIO FERNANDEZ : Guitars
OSCAR CARTAYA : Bass
RICHIE MORALES : Drums, Percussion


Rites of Summer
ランキングを見てみよう!