アナログレコード

 恥ずかしながら,無知な管理人は長年,スパイロ・ジャイラのことを“南米のラテン・フュージョン・バンド”だと思っていた。
 あの“ラテン・フレイバー”は本物以上に本物していたので,南米以外の可能性などゼロ! 疑うことすらしなかった。そう思い込んでいた。
 後日真実を知らされることとなるが,素直に受け入れることなどできなかった。これがNYのフュージョン・バンド? 何かの間違いでは? スパイロ・ジャイラの新作が届けられる度に,そう思っていたのだ。

 しかしついにスパイロ・ジャイラ=NYのフュージョン・バンド説(←仮説ではなく事実)を受け入れら・れ・る日がやって来た! 忘れもしない。FMから流れ出すシティ系サウンドを紹介した「お聴きいただいたのはスパイロ・ジャイラの新作で…」の一言…。
 自分自身の耳が,疑いなく&一点の曇りもなく,スパイロ・ジャイラ=NYと判断した。認識した。自覚した。それが彼らの12枚目のCD“遅咲きのシティ系”『RITES OF SUMMER』(以下『ライツ・オブ・サマー』)であった。

 都会は人種のるつぼ,実質は田舎者の集まり。そう。根っからのニューヨーカーでも,ラテン・フュージョンは創作可能である。しかし長い都会暮らしは,確実に田舎者の“垢”をそぎ落とす。無意識のうちに時代の最先端へと押し流す。
 スパイロ・ジャイラは時間をかけて,文字通りの『ジャングル・サウンド』から『コンクリート・ジャングル・サウンド』へと変貌を遂げてきた。“熟成を重ね”大人の音楽へと進化してきたのだ。

 この音,このテンション! これぞ“シティ系”サウンドの王道である。以前のラテンカリプソ色が姿を消している。その代わりに台頭してきたのが,ジャズを基調にしたスリリングでシリアス志向のアドリブインプロヴィゼーションである。
 ズバリ“熱さ”の変化! 熱帯の暑さが,人工的に冷やされた都会のクーラー+ヒートアイランドの熱帯夜へと変わっている。そう。アグレッシブでプログレッシブなロック・フュージョンである。

 『ライツ・オブ・サマー』が録音された1988年,ライバル=イエロー・ジャケッツも『ポリティクス』で大胆なイメチェンを果たした。イエロー・ジャケッツのそれが“突然変異的”であったのに対し,スパイロ・ジャイラには“予兆”があった。
 「ラテン → シティ」への一線を越えた,記念すべき瞬間が『ライツ・オブ・サマー』の発表であるが,スパイロ・ジャイラの内で生じる“脱ラテン”は,近年ずっと噴き出していた。
 そう。『ライツ・オブ・サマー』で完成した「即興性のあるポップ・ロック」こそ,NYサウンドの特徴! 「出るべくして出た」シティ系サウンドなのである。

 もしかしたら『ライツ・オブ・サマー』以前に,このスパイロ・ジャイラの変化を嗅ぎ分けた(聴き分けた),熱心なフュージョン・ファンもいるかもしれない。しかし管理人は自分の耳を信じたい。
 そう。スパイロ・ジャイラが「南米 → ニューヨーク」へ住民票を移し終えたのは『ライツ・オブ・サマー』! スパイロ・ジャイラ「第2幕」の原点である。

(1988年録音/25XD-1090)

ランキングを見てみよう!