マイルス・デイビス 帝王のマジック 昨夜が最終回でしたが,今月中(2007年5月),NHK教育にて「知るを楽しむ 私のこだわり人物伝 / マイルス・デイビス 帝王のマジック」が放送されました。

第1回 「お坊っちゃまとジャズの革命」
第2回 「『帝王という名の王子様』の誕生」
第3回 「帝王の危機/王子の変身」
第4回 「『セレブ』としての晩年」
     の全4回。

 一人のジャズメンが1ヶ月間シリーズで取り上げられる機会は少ないので,放送開始前から楽しみにしていたのですが…。全4回中2回しか見ることができず…。完全な気合い負けです。
 半分しか見ていませんし テキスト が出版されているので(←NHK教育らしい),番組内容の詳細はそちらを見ていただくこととして…。

 やはりマイルス・デイビスこそ“ジャズの帝王”である! そう断言できる理由こそ,この放送の結びに紹介された,マイルス・デイビス自身が語る“音楽哲学”にある。
 『俺の古いジャズが聴きたいのなら,レコードを聴いてくれ! 創造し続けようと思う人間には変化しか有り得ない。人生は変化であり,挑戦だ!』。

 ジャズの4つの“王道”スタイル=クールハード・バップモードフュージョンを創り上げ,王道には成り得なかったが「ポップ・カルチャー」であるクラブ・ミュージックラップへの傾倒を見せたマイルス・デイビスこそ,常に“時代の最先端”であることを求め続けたジャズ・ジャイアントである。
 そう。停滞は後退に等しい! 常に前進し続けるために「破壊神」となり,ビルド・アンド・クラッシュを繰り返した。

 マイルス・デイビスの死と共に,ジャズの進歩は緩やかなものとなってしまった。そう。確かにジャズは進歩を続けている。今だマイルス・デイビスの影響下にあって,マイルス・デイビスが残した大きな遺産を食いつぶしながら…。