『THE COMPOSER OF DESAFINADO, PLAYS』の1曲目は【THE GIRL FROM IPANEMA】(以下【イパネマの娘】)。


 まず,念のため断わっておくが『THE COMPOSER OF DESAFINADO, PLAYS』は,アントニオ・カルロス・ジョビンの「自作自演」だからと言って,ジョビンに演奏家として,つまりピアニストとして,あるいはギタリストとして,ジャズメン並みの演奏を求めてはならない。

 そう。アントニ・カルロス・ジョビンの演奏は総じて「伴奏」である。メロディ・ラインに“酔いしれる”べきであって,アドリブを期待してはならない。
 極論を言えば,アドリブはメロディ・ラインをいかに“崩すか”! アドリブジョビンの敵?なのである。

 さて【イパネマの娘】であるが,このジョビン自演のトラックは『ゲッツ/ジルベルト』で有名な【イパネマの娘】の魅了を大いに補完してくれる。
 『THE COMPOSER OF DESAFINADO, PLAYS』でのリード・ボーカルは,レオ・ライトフルートである。

 「ピー,ヒャラピー♪」と鳴る,ピアノとのユニゾン主旋律は,ずっとボーカルを真似できないゆえの「特別なフルート・バージョン」だと思っていたのだが,ふと『ゲッツ/ジルベルト』の【イパネマの娘】を聴いていてビックリ!
 あった! 3分47秒から4分16秒までが“隠れ”メイン・テーマだったとは…。【イパネマの娘】は実に奥深い。

ANTONIO CARLOS JOBIM : Piano, Guitar
CLAUS OGERMAN : Orchestra Arrangement, Conductor
JIMMY CLEAVELAND : Trombone
LEO WRIGHT : Flute