アナログレコード

 『BALLADS』の6曲目は【WHAT’S KNEW】(以下【ホワッツ・ニュー】)。


 J.C.トーマス著書『コルトレーンの生涯』に次のような談話が収められている。
 「私の声は歌には向いていない。もっともサキソフォンでなら歌うことができる…つもりだが」。

 ボーカルものの名演で知られる【ホワッツ・ニュー】だが,実は多くのジャズメンが,サックスなりピアノなりで歌っている。
 その中にあって,ジョン・コルトレーンの【ホワッツ・ニュー】はピカイチ! 先の談話は本当である。

 アドリブが多く,原曲のメロディーはテーマ以外にほとんどでてこない。“裏メロを奏でる”マッコイ・タイナーのサポートがなければ【ホワッツ・ニュー】だと判別できない人も多いのでは?
 でも,それでも【ホワッツ・ニュー】に聞こえてしまうから不思議である。そう。ジョン・コルトレーンがアドリブ一本,テナー・サキソフォンで歌っている! このトラックこそ,コルトレーン流「歌もの」の完成形である。

 2分56秒からの「ハスキー・ボイス」から,一転して3分3秒までの「舌回し」が,ボーカリストジョン・コルトレーン・オリジナルの“美声”である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

JOHN COLTRANE QUARTET
JOHN COLTRANE : Tenor Sax
McCOY TYNER : Piano
JIMMY GARRISON : Bass
ELVIN JONES : Drums


Ballads
ランキングを見てみよう!