アナログレコード

 『COOL STRUTTIN’』の3曲目は【SIPPIN’ AT BELLS』(以下【シッピン・アット・ベルズ】)。


 【シッピン・アット・ベルズ】は,ビ・バップ! 何と言ってもジャッキー・マクリーンである!
 【シッピン・アット・ベルズ】におけるジャッキー・マクリーンは,かの有名な“マクリーン節”ではない。憧れのチャーリー・パーカー風でもない。完璧なオリジナルの味付けで吹ききる,ストレートな“バッパー”の音である。

 この“バッパーマクリーン”の快演を引き出したのが,ソニー・クラーク! 思うにジャッキー・マクリーンソニー・クラークの相性はいい。ソニー・クラークの持つ“マイナー・フィーリング”が,ジャッキー・マクリーンの“重い語り口”にはちょうどよい。そう。相対的に“マクリーンを饒舌にしてくれる”ピアノなのだ。
 
 45秒から始まるソニー・クラークピアノ・ソロこそ,スイング! ご機嫌なバップピアノジャッキー・マクリーンを,そしてマクリーンアート・ファーマーを刺激していく…。
 熱演が全員に伝染していく。これぞジャズ名演! “一期一会”のアドリブ芸術ほど,聴いて楽しいものはない。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

SONNY CLARK : Piano
ART FARMER : Trumpet
JACKIE McLEAN : Alto Sax
PAUL CHAMBERS : Bass
“PHILLY”JOE JONES : Drums


Cool Struttin'
ランキングを見てみよう!