アナログレコード

 『SMOKIN’ AT THE HALF NOTE』の3曲目は【UNIT 7】(以下【ユニット・セヴン】)。


 【ユニット・セヴン】の“キレ”と“ノリ”は「特A級」の感動品! ジャズの楽しさがここにある!

 ウェス・モンゴメリーのオクターブ奏法が,一人カウンターの一人ユニゾン! そこへウイントン・ケリーがのっけてくるもんだから,もう大変! “キレ”と“ノリ”が冴えわたり倍加していく。真にオーバードライブ!

 演奏全体が“スインギー”なので,どこからどこまでが,と線引き不能であるが,特に3分後半から5分前半にかけての熱演は,ただ聴いているだけなのに,グイグイと上方に引っ張り上げられる,幸福な“浮遊感覚”に襲われる。
 この感覚を文章で説明することは難しいが,分かる人には分かると思う。もし未体験であるなら,是非一度【ユニット・セヴン】で体感していただきたい。人生,もったいないです。

 【ユニット・セヴン】には(ウェス・モンゴメリーに限らず)ジャズ・ギターを好きにならせる“力”があると思っています。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

WYNTON KELLY TRIO-WES MONTGOMERY
WES MONTGOMERY : Guitar
WYNTON KELLY : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
JIMMY COBB : Drums
 

ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー
ランキングを見てみよう!