アナログレコード

 『4, 5 AND 6』の4曲目は【CONFIRMATION】(以下【コンファメーション】)。


 ジャッキー・マクリーン・セクステットの【コンファメーション】は,典型的なハード・ブローイング! チャーリー・パーカーの代表曲を,この“考え得る理想的な面子”で録音してくれていたとは…。
 これはもう,たまらない! 神に感謝の“最強B級ジャズ”!

 聴き所満載! 全員が全員,まず熱い! 次に,ほんわか+メロディアス! 大音量で聴いた時のカタルシス!
 スーパー・テクニックなどないのだから,まずはお酒をお共に,安心してこの雰囲気を楽しみましょう。
 ねっ,一緒に楽しみましょうよっ。ほら,自然と身体が揺れてくるでしょ? 

 アドリブ・タイムは,ジャッキー・マクリーンドナルド・バードハンク・モブレーマル・ウォルドロンへのタスキ渡し。
 『4, 5 AND 6』の『6』なのだから,4とも5とも違う『6』ならではの“絡み”を聴きたいと思うが願い叶わず…。タスキの受け渡しに時間がかかってしまい,凡庸なアドリブが結構続くが,それもB級ならではの“ご愛敬”!

 イントロとアウトロだけで聴こえる“ユニゾン大合唱”で熱狂できさえすれば,あなたも立派な“B級グルメ”の一員である。 

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

JACKIE McLEAN SEXTET
JACKIE McLEAN : Alto Sax
DONALD BYRD : Trumpet
HANK MOBLEY : Tenor Sax
MAL WALDRON : Piano
DOUG WATKINS : Bass
ARTHUR TAYLOR : Drums


4, 5 and 6
ランキングを見てみよう!