アナログレコード

 『SOLO CONCERTS』の3曲目は【LAUSANNE, MARCH 20, 1973 PART 機伸供曄憤焚次撻蹇璽競鵐漫Ε灰鵐機璽函礇僉璽鉢機伸供筺曄法


 《 キース・ジャレットの「完全即興」は,管理人の“ジャズフュージョン道”の中で“特別の場”を占めている。全てが最上級(五つ星)の評価である。
 よって,この演奏をどう評価するかは,単純に「好みか,そうでないか」の問題にすぎない。
 キース・ジャレットアドリブインプロヴィゼーションがそうであるように,受け止める聴き手の側にも,その日その時によって,若干の評価の“ブレ”が生じる得る。
 以下は今日という日に感じた管理人の評価である。明日になれば今日と同じ評価を下すことはしないであろう。 》

 【ローザンヌ・コンサート<パート機】の主題は「挑戦」!

 序盤は,素敵で落ち着いたピアノ・ソロの世界である。
 1分26秒から30秒までのフレーズは【アルフィー】のテーマっぽく聴こえてしまう。
 2分16秒から始まるテーマは明るい。それでいて,ため息のでる美しさである。

 5分2秒からのテーマには“アメリカン・ポップ”が入っている。ややテンポアップの音量アップ。実にリズミカルである。
 10分56秒からは,静かであるが“振幅の激しい”演奏が持続する。
 18分18秒からは,エリック・サティにも通じる音。徐々に狂おしく,激しさを増していく。

 22分41秒でメイン・テーマの登場! 一気にたたみかける軽快さ。“テクニシャン・ピアニストキース・ジャレット全開である。完全にスイッチが入っている。
 ただし,29分32秒でのエンディングはいただけない。珍しく着地のアイディアに欠ける。でも,これも含めて完全即興

--------------------------------------------------------------------------------------

 【ローザンヌ・コンサート<パート供】の主題は「慰め」!

 29分55秒から,まずはピアノの筐体を鳴らした,パーカッション的なパフォーマンスが始まる。32分19秒,33分52秒からのオーソドックスなピアノとのコンビネーションが聴き所か?

 中盤は,ややとりとめのない演奏。ちょっぴりダークで,野性味を帯びてくる。

 42分22秒でメイン・テーマのモチーフが表われる! これ以降管理人は,ただキース・ジャレットの表現する“やさしさ”に包まれることとなる。メイン・テーマを用いたアドリブが繰り返し展開されるが,これがどれもいい。ハートを射抜かれてしまう。

 49分26秒からのオオラスのテーマ! 51分17秒からの“溜めに溜めた”連弾アドリブ! キースの内で起こった“覚醒”が指先を通して,ピアノに乗り移っている!
 ハイライトは53分26秒からの昇天ミュージック! アップ・テンポで飛び立ったまま,もうあのメロディが地上に舞い降りてくることはない。そう。あの瞬間,キース・ジャレットが発した音信は,中天を飛ぶみ使いたちの“宝物”となったのだろう。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

KEITH JARRETT : Piano


SOLO CONCERTS
ランキングを見てみよう!