行ってきました! 5/18「FUKUOKA Blue Note」の『チック・コリア・エレクトリック・バンド』2nd!

 もう「ありえねぇ〜」の大連発! 完全にノックアウトされて帰ってきました。いやぁ,正直,期待以上のLIVEで高額なチケット代もお安く感じました。えぇ。(といっても,管理人は12,000円→5,000円でしたけど。割引事情の裏話はおいおいと)。
 初めて見ましたが,チック・コリアいいですね。どっぷりとハマッテしまいそう。(CD買い足したし,もう手遅れかも)。
 ほんの2ヶ月前に『マーカス・ミラー』のスーパーバンドを見たばかりだというのに,あのマーカス・バンドのスーパーテクが「ふ〜ん,普通」と思えてしまう程,「ありえねぇ〜」のオンパレード!
 自分にはチック節の方が合っているんだなぁ,と再確認できた夜でした。

 さて,まずは恒例のメンバー紹介から…

 ★ チック・コリア : Keybord/Piano
 ☆ リック・フィエラブラッチ : Bass
 ☆ デイヴ・ウェックル : Drums
 ☆ フランク・ギャンバレ : Guitar
 ☆ エリック・マリエンサル : Saxophone

 今回の『チック・コリア・エレクトリック・バンド』ジャパン・ツアーは,新作『TO THE STARS』のプロモーションゆえ,ほぼレコーディング・メンバーが揃っている。ほぼね。今回のツアーにレコーディング・メンバーとしてはただ一人,ベースジョン・パティトゥッチが不参加。
 “復活”エレクトリック・バンドの売りの一つは,活動休止前のオリジナル・メンバーでの再結成にあった。そういう意味でもジョンの不参加は残念でならないが,そこはジャズ・ジャイアントのチック・コリアのこと,しっかり期待の新星を連れてきてくれました。

 リック・フィエラブラッチ。ステージの立ち位置があわや裏方? 一人だけ奥まった場所にいた彼がいい。
 リック・フィエラブラッチの存在を例えるなら,ビクター・ベイリーかな? ビクター・ベイリーとは,あのジャコ・パストリアスの後釜として「ウェザー・リポート」へ加入した実力派ベーシスト。しかし,いかんせんジャコ・パストリアスの後釜,加入当初は機会あるごとに比較され,評判もいまいち。
 だがビクター・ベイリーの評価は「ウェザー・リポート」のCDリリースが増えると共に上昇していった。それもそのはず,ジャコ・パストリアスビクター・ベイリーは同じ系譜に属するベーシストではないからである。

 皆さんはラーメン好きですか? 同じラーメンでも豚骨と豚骨なら比較もできるが,豚骨と塩,みそとしょうゆでは単純に比較などできないでしょ?
 同じようにジョンリックも持ち味が違う。誰もリックジョンと同じ演奏を求めているわけではない。もちろんチック・コリアも他のメンバーもそうであろう。だからこそ管理人もリックの演奏を心から楽しめた。期待の新星に拍手である。

 キーボードチック・コリア。言うまでもなく今回の主役です。やはり目立ってましたね。
 演奏はもちろん超一流でしたが,パフォーマンスが良かった。演奏だけならCD聴き込めば十分! やはりLIVEには何らかのハプニングが付きものでないと…。ですよねっ。ジャズ批評家の池上さん。
 オープニングのカエル? アヒル? YAMAHAのショルダー。「SPAIN」でのお約束:コール&レスポンス。「PORT VIEW」でのお遊び?(LIVE見ていない人にはさっぱり伝わらないだろうな−)。MCも上手だっし…。うん。どれをとってもチック・コリアは超一流のエンターテイナーでした。

 さて,もう一人の主役。一緒に行った神○くんの言葉を借りれば「今宵の主役」はドラムデイヴ・ウェックル。正にこの人!
 開演前にあのドラムセットを見て「これ全部をまさか一曲で使用しないよね?」。こんな会話をしたことが恥ずかしくなりました。
 使い古された表現ですが“十手観音”のごときプレイは迫力満点。ただ呆然。開いた口がふさがらない。
 う〜ん。管理人の文章力ではふさわしくコメントできません。とにかく,一度見てみて聴いてみて!

 フロントの2人,ギターフランク・ギャンバレサックスエリック・マリエンサルもごきげんのプレイを聴かせてくれました。
 フランク・ギャンバレは4曲目でアコースティック?(ナイロン?)ギターを披露してくれましたし,エリック・マリエンサルアルトソプラノの味の違いを聴かせてくれました。
 エリックはステージングも良かったね。出るときは出る! 下がるときは下がる! 自分のパート以外でもタテノリ?でステージを盛り上げていたし。参考にしろよ。「ヤ○サ○リ」。
 この2人はビジュアル面で好対照だったかも。昔のCDジャケットを見る限り,エリックはあまり変わらないのにフランクは…。
 いや,これ以上は恐ろしくて書けません。皆さんもCDジャケットを見比べてみてくださいね。以上!

 さて,この記事はLIVEレポートなので,ステージ本編のセットリストを報告しておきます。

01.HOUND OF HEAVEN
02.MISTRESS LUCK
03.THE LONG PASSAGE
04.ALAN CORDY
05.GOT A MATCH?