マーカス・ミラー,いかす! 2日目の今夜は“大将”マーカスの“天才ぶり”についてレポートいたします!

 公演前の「BN」のキャッチ・コピーは「現代最高峰のスーパー・ベーシスト! 登場!」。正にそうだった!
 全編でベースがリードを取って曲が始まる。ベース・ソロがフューチャーされる。素晴らしい。確かにマーカス・ミラーベース・プレイヤーとして最高の位置にいる。間違いない!
 しかし,この評価はマーカス・ミラーを言い表わすには“当たらずとも遠からず”かな? 管理人的には「現代最高峰のスーパー・プロデューサー! 登場!」。うん。これ大正解!

 元々マーカス・ミラーマイルス・デイビスのもとでブレイクしたとはいえ,ジャマイカ・ボーイズの例から明らかなように,デビュー当初からジャズフュージョンの枠を越えていた。
 今回のステージでそのことを痛感した。例えば1,2,4,6のアップ・ナンバーでのプレイ。マーカス・ミラーベースとメンバーからなるリフ回しにソロ回し。
 もちろんマーカス・ミラーの超絶テクが冴えまくっていましたが,そこにはマーカス・ミラーなりの計算が見て取れた。それこそ“アレンジャー”マーカス・ミラーの仕事。ワッと行っているようで,どこかクール。そう。マーカス・ミラーが他のメンバーの良さをリードしていた。
 様々な楽器のマルチ・プレイヤーであるマーカス・ミラーだからできる離れ業。お見事でした。やはりマーカス・ミラーこそ“天才”という称号を受けるにふさわしい。

 さて,近年のマーカス・ミラーファンク指向についてですが,これも2,3,6のカバー曲から明らか。原曲は聴いたことがなかったので,後日マーカスCDと聴き比べてみましたが,アレンジが効いている。LIVEでは大盛り上がり大会と化していたので,てっきりそんな感じかと思っていましたが…。あんなにノリノリの曲じゃなかったんだ〜。個人的には,なぜもっとジャズ風のアプローチをかけてくれないの? ジャズフュージョンの世界に帰っておいで〜,と逆に不満が募りましたけど…。

 アンコールは「RUN FOR COVER」を“ちょこっと”交えた「SILVER RAIN」1曲! といっても曲の後半は,メンバー紹介を兼ねたベース・ソロ三昧!
 ミーハーな管理人としては「RUN FOR COVER」の“さわり”だけでも聴けてうれしいかった〜。いや,やはり“さわり”だけでは,逆にフラストレーションが溜まる。やっぱりマーカス・ミラーは“じらしの天才”でした。

 ファンはもっともっとマーカス・ミラーベース・プレイを聴きたいと思っている。そのことをマーカスもとっくに肌で感じている。
 しかしマーカス・ミラーは決してやらない。スーパーテクをちょい見せする“チラリズム”。それでファンはますます喰らいついてくる。この繰り返し。
 ちょうどいいところで,はいここまでよ,では“おあずけを喰らった犬”のように,消化不良でフラストレーションが溜まってしまいます。フレットレス・ベースも聴けなかったし…。
 あ〜あ,やっぱり翌日のLIVEにも行くべきだった。2回は見ないと決して満足できないLIVE。くそ〜。
 次回こそ“スーパー・ベーシスト”としてのマーカス・ミラーを堪能してみたい。そんなLIVEでした。

 さて,この記事はLIVEレポートなので,ステージ後半のセットリストについても報告しておきます。

04.PANTHER
05.MAKE UP MY MIND
06.FRANKENSTEIN

アンコール:
07.SILVER RAIN