「オーディオビジュアル批評」の一発目はヘッドフォン! SENNHEISERゼンハイザー)の「HD580 PRECISON」です。

 管理人はかってオーディオにハマッテイタ。今では現役を引退しました。まずはその辺のお話から…。
 オーディオ好きと車好きは同じ星の住民種である。恐らく子供の頃は,プラモデル作りやミニ四駆にハマッタ口であろう。そう。チューニング&チューンアップ! ハンドル,ホイール,ステアリング,アライメント…。もう原型など半分も残っていない。
 オーディオも同じである。ちょっとした“出来心”でスピーカー・スタンドに10円玉を挟んだつもりが,1年後にはスピーカーを自作している自分がいる。
 音は出口だ,入口だ! いや,ケーブル1本で音が劇的に変わってくるぞ! いいや,素材だ,高剛性だ! 国産品なんかもうダメだ! 輸入物の真空管アンプ…。
 …と,自宅はエンドレスな音の実験室。日々悩みは尽きそうもない。この悩みから解放される手だてはないものか?

 その答えがヘッドフォン! 選択肢をヘッドフォンに一本化すれば,少なくともアウトプットに関する悩みは解消する。もう位相,設置場所の高さ数ミリ,スピーカー・スタンド,バスレス,ブックシェルフ,3WAY…。これらを考慮することから解放されるのだ。

 とは言え,スピーカーの高音質に浸かっていた耳を満足させるだけのヘッドフォンがあるのだろうか? 答えは「YES」である。そう。SENNHEISERゼンハイザー)の「HD580 PRECISON」である。

 実は高級ヘッドフォンの世界とは長いお付き合い。ソニービクターティアック,そして“愛機”オーディオ・テクニカと渡り歩き,ついに運命の人(ヘッドフォン)=SENNHEISERゼンハイザー)の「HD580 PRECISON」と巡り会えた! その瞬間の感動と言ったら…。
 スパッと,スピーカーオーディオへの未練を断ち切ることができました。なぜなら…。

 管理人のスピーカーオーディオでのテーマは原音忠実再生! 「HD580 PRECISON」は,帯域バランス良好,素直でクセのないナチュアルでニュートラルな音質なのです。この“純粋&無垢&真っ白な”音の良さは決して言葉では伝えられません。是非一度体感してみて欲しいです。オーディオ専門店に出かければ幾つも試聴できると思います。

 ヘッドフォンスピーカーの感動を超えることは正直,絶対にない。ただし,スピーカーには決して出せない“ダイレクト出力”による夢の音世界が高級ヘッドフォンに存在する。このグレードにまで達した今日「スピーカー OR ヘッドフォン」は,もはや好みの問題であろう。後は読者の皆さんのお好みでどうぞ…。