アナログレコード

 『WE GET REQUESTS』の3曲目は【MY ONE AND ONLY LOVE】(以下【マイ・ワン・アンド・オンリー・ラブ】)。


 【マイ・ワン・アンド・オンリー・ラブ】は,白眉のバラード! この手のスロー・バラードに“ドップリ浸かりたい”のなら,オスカー・ピーターソンで決まりであろう。
 ウソだと思うなら一度試しに聴いてみてほしい。スロー・バラードが光り輝いている! 悲しみの涙がいつの間にか喜びの涙に変えられてしまう。これこそ“ピーターソン・マジック”である。

 バラードにも係わらず“指が回りまくっている”イントロでのモチーフは,ジャズフュージョン界全般を見渡しても,なかなかお耳にかかれない貴重な“宝”である。このセンスは凄い! これ程のアップ・テンポでありながら,常に“しっとり”と響いている。
 47秒から1分9秒までの“鉄人のAメロ”終わりで突如“舞い上がる”1分14秒のフレーズが“ドリーム・タイム”! うっとり&メロメロ・ショーの始まり始まり〜。

 中盤で展開されるレイ・ブラウンとの掛け合いは,実に粒立ちの良い鮮明なプレイ。
 “溜めに溜めた”ラストの演出も実にドラマティック! 4分24秒からの連打と4分54秒からのシンバルとの連動! 感情の大爆発を見事な大音量で表現した,鳴り響くピアノが圧巻である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

THE OSCAR PETERSON TRIO
OSCAR PETERSON : Piano
RAY BROWN : Bass
ED THIGPEN : Drums


プリーズ・リクエスト
ランキングを見てみよう!