『THE GENIUS OF BUD POWELL』の5曲目は【PARISIAN THOROUGHFARE】(以下【パリの目抜き通り】)。


 【パリの目抜き通り】の聴き所は,この“キャッチーなメロディ”を疾走する,バド・パウエルの“悠々”としたプレイ!
 真面目に聴き込めば,すぐに圧倒的なテクニックにKOされるわけであるが,全体から受ける印象は,全てが余裕の“鼻歌混じり”。「鍵盤の端から端まで一気に駆け巡る」自慢のハイ・テクニックが,嫌味なく,さりげない“隠し味”として使用されている。

 そう。【パリの目抜き通り】は,バド・パウエルには珍しくBGMとして聞き流すことさえできる。正真正銘のリラックス! この事実こそ【パリの目抜き通り】の“完成度の高さ”を物語っていると言えよう。

 実際の演奏には勿論,緊張感が溢れている。ソロ・ピアノとは思えない音の大洪水である。しかしこのリズム感と強弱の中に,パウエル一流の「遊び」が混じっている。その「遊び」が聴き手の緊張をほぐしてくれる。

 例えば1分0秒でのフォルテ。1分27秒から30秒までの右手と左手の交錯である。
 プログラムされた精密機械ではなく“人間”バド・パウエルを彷彿とさせる,これらの瞬間が大好きである。

BUD POWELL : Piano