『PARKER’S MOOD』の4曲目は【BILLY’S BOUNCE】(以下【ビリーズ・バウンス】)。


 【ビリーズ・バウンス】の聴き所はたくさんあるが,主役はチャーネット・モフェット! “ブイブイ”言わせる“地を這う”ベースが,観客のボルテージを,否が応でも盛り上げる!

 3分11秒からのロング・ベース・ソロは,いかにもNYで大受けしそうな,キレ+ノリ+パンチが効いた“正統派”の力技である。
 終盤で聴かせる早弾きはウッド・ベースとしては驚異的! 人気ベーシストチャーネット・モフェットは,相当のテクニシャンである。
 特に5分19秒からの26秒までのフレーズが“エレキ・ベースっぽくて”お気に入りである。

 ラスト8分22秒からの3フレーズがバッチリ決まっていて,これには「どうだ,参ったか?」的なポーズ付の画が浮かんでしまう。カッコイイんだろうなぁ。ベーシストっていいよなぁ。

SADAO WATANABE : Alto Sax
JAMES WILLIAMS : Piano
CHARNETT MOFFETT : Bass
JEFF WATTS : Drums