アナログレコード

 『TIME IS OF THE ESSENCE』の2曲目は【SOUND OFF】(以下【サウンド・オフ】)。


 【サウンド・オフ】は“オルガンジャズ”全開! ラリー・ゴールディングスが超大物3人をまとめて呑み込んでいる。これだから“オルガンジャズ”は,ヤ・メ・ラ・レ・ナ・イ。

 ラリー・ゴールディングスオルガンが,妖しげな“うねり”を作り出し,そこへマイケル・ブレッカーテナー・サックスが絡んでいく!
 イントロから適宜繰り出される,2人だけの“分断音”が実に小気味良い。特にオルガンの最後の一音の延び具合が,マイケル独特のフレージングとチリバツの相性!

 1分14秒からのマイケル・ブレッカーアドリブの後ろで,3人がそれぞれバッキングをつけているが,真に自己主張しているのはラリー・ゴールディングスただ一人。“サイドメン通”の皆さんにとっては,ここをラリーの“名演”と受け取ることさえできる。
 ラリー・ゴールディングスの存在感と比べたら,我らがパット・メセニーの名サポートも,ジェフ・ワッツさえも,バンドの一構成員的な扱いに聴こえてしまう。

 ラリー・ゴールディングスオルガン・ソロでの快感は,言わずもがな! 特に4分51秒からの“揺れ具合”が最高にJAZZY

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

MICHAEL BRECKER : Tenor Sax
PAT METHENY : Guitar
LARRY GOLDINGS : Organ
JEFF "TAIN" WATTS : Drums


Time Is of the Essence
人気blog ランキング バナー