アナログレコード

 『4, 5 AND 6』の3曲目は【CONTOUR】(以下【コントゥアー】)。


 【コントゥアー】は,メロディ&ハーモニー重視! ジャッキー・マクリーンとしては,良く言えば“ソフト”。悪く言えば“気合不足”。
 管理人の評価は○であるが,聴き手によって評価は分かれるのかもしれない。

 ジャッキー・マクリーンアドリブ自体はいい。伸びやかな“ハスキー・アルト”は“らしさ”を感じさせてくれる。しかし,すぐに“らしい”演奏が消え失せてしまう。

 原因はトランペッタードバルド・バードの“端正な”演奏にある。【コントゥアー】でのドナルド・バードは,なぜか,いつも以上にキッチリとフレーズを吹く。
 思うに,ドナルド・バードは【コントゥアー】のメロディが好きなのだろう。アウトすることのない“正攻法”のアドリブが,曲の魅力をストレートに表現する。
 この迷いのない演奏がジャッキー・マクリーンの演奏にまで“伝染”してまったのではなかろうか?

 4分13秒からのユニゾンを聴いてほしい。ジャッキー・マクリーンドナルド・バードにリードされるがまま“ソフトに”音を合わせていく。
 録音前のリハーサル演奏から,徐々に影響されてしまったのであろうが,音の変化は継続している。イントロからのユニゾンと聴き比べてみると,バード色に“染められてしまった”アルト・サックスの“変貌ぶり”に気付かずにはいられない。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

JACKIE McLEAN QUINTET
JACKIE McLEAN : Alto Sax
DONALD BYRD : Trumpet
MAL WALDRON : Piano
DOUG WATKINS : Bass
ARTHUR TAYLOR : Drums


4, 5 and 6
ランキングを見てみよう!