アナログレコード

 『GROOVY』の3曲目は【WILL YOU STILL BE MINE?】(以下【ウィル・ユー・スティル・ビー・マイン?】)。


 【ウィル・ユー・スティル・ビー・マイン?】における,レッド・ガーランド名演には舌を巻く。これぞ“パウエル派”を完全に消化しきった「ザ・レッド・ガーランド」のオリジナリティ!

 例の“連続コロコロ”が“パウエルばり”の超高速で炸裂する! 一人で表と裏メロの二役をこなし,なおかつスイングしている。
 それなのに不思議とハード・バップ特有の重苦しさは感じられないのである。これこそレッド・ガーランドの“巧みの業”!

 51秒からの前半のピアノ・ソロがレインボー! 3分2秒からの後半のピアノ・ソロがスコール!( ← 意味不明でしょうが,こう表現するのが最適でしょう。自信あります。)

 ハード・バップ好きには,スゴ技を“サラリ”と聴かせてしまうところが,逆に物足りなく感じるのかもしれないが,管理人にはこの程度の“重さ”が丁度良い。
 これ以上バド・パウエルに“肉薄”してしまうと,おいそれとガーランドに手出しできなくなってしまう。
 そう。レッド・ガーランドには悪いが,いつまでも横綱=バド・パウエルの“露払い”でいてほしいと思っている。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

THE RED GARLAND TRIO
RED GARLAND : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
ARTHUR TAYLOR : Drums


グルーヴィー
人気blog ランキング バナー