《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は431位〜433位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★433.CRYSTAL SILENCE
CHICK COREA & GARY BURTON IN
CONCERT
チック・コリア

--------------------------------------------------------------------------------------

★433.I WANT TO TALK ABOUT YOU
SELFLESSNESS FEATURING MY
FAVORITE THINGS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

★432.LOVE IS A MANY SPLENDORED
THING
AT BASIN STREET
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

★431.FILTHY MCNASTY
DOIN' THE THING
ホレス・シルヴァー

--------------------------------------------------------------------------------------

 チック・コリアのデュエットCDは多いが,個人的にはゲイリー・バートンとの相性が最高だと思っている。その中でも『イン・コンサート』での【クリスタル・サイレンス】が,完璧な“ツボ”入り!
 2人で新しい音楽を「紡ぎ出す」という表現がピッタリ! この微妙なニュアンスで織りなす“クールなのにホットな”名演は“王道ジャズ”としては語れないが「ジャズとはなんぞや?」トークには必要不可欠! この名演には“ジャズの本質”が100%収められている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)