『MODERN BEAT』の2曲目は【EMPTY CORNERS】(以下【エンプティ・コーナーズ】)。


 【エンプティ・コーナーズ】は,中途半端な“変化球”ジャズ。変拍子のリズムを取り入れているが“消化不良”であろう。

 ジャズ風のアプローチを試みた意欲は買うが“実験作”の域を抜け出ていない。中村建治青柳誠のツイン・キーボードが,変拍子のリズムに乗り切れていない。
 3分後半から,テーマでの一音づつの“間引き”が繰り返されるが,特に印象が変化することもなく,音が間引かれた分“薄く”なっただけである。

 4分8秒でメンバーの“雄叫び”が聞こえるが,管理人にとっては“退屈”な時間帯で,ギャップを感じてしまう。
 フュージョン・バンドが,真正面からジャズと向き合うのは“恥ずかしい”ので,変化球勝負に出たように思えるが…。
 フュージョンであろうとジャズであろうと,ナニワナニワであって,ナニワの本質=「真っ向ストレート勝負」にあるのでは? テクニックがあるだけに,小手先で見事にかわしているが,ナニワ・マニアの耳まではかわしきれていないのでは?

NANIWA EXPRESS
RIKIYA HIGASHIHARA : Drums
KOH SHIMIZU : Electric Bass
KAZUHIKO IWAMI : Electric Guitars
MAKOTO AOYAGI : Keyboards, Piano, Tenor Saxophone
KENJI NAKAMURA : Keyboards