アナログレコード

 『HERE’S LEE MORGAN』の2曲目は【MOGIE】(以下【モギー】)。


 【モギー】には,まずジャズを愛することに取り組んだ,ジャズメンの“魂”が宿っている。自分一人だけ先んじることもできるが,どこかで共演者の音とつながっている。全体との調和を優先した各人のソロが心憎い!

 メンバー全員が自分の得意とするアドリブを奏でたわけではない。最新のアプローチ,すなわちモード(らしく)演奏しようと,手探りでの体当たりが“音の迷い”に表われてしまった。
 勝手知った“手馴れ”からの脱却を試み,このモヤモヤ感を払拭しようと,いつも以上のハイ・テンションが“空回り”か?
 しかし管理人には,この熱意こそが“買い”である。【モギー】は,モード習得に向かってチャレンジする,音楽青年たちのドキュメントの記録である。

 ほぼ全員均等のパート割りなので,モードの理解度についての“開き”は明白であるが,ここで優劣を付けるのはナンセンスであろう。
 リー・モーガンについてだけ言えば,41秒から,先発のソロイストとして“キラキラ”した例のアドリブをバッチリ披露する。
 5分37秒からのアート・ブレイキーとの掛け合いはお見事! 全員のアドリブを聴き終えた後の“2巡目”のソロは「大変上手にできました」賞! この対応力の高さが“早熟”と讃えられた所以であろう。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

LEE MORGAN : Trumpet
CLIFFORD JORDAN : Tenor Sax
WYNTON KELLY : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
ART BLAKEY : Drums


ヒアズ・リー・モーガン
人気blog ランキング バナー