アナログレコード

 『TIME IS OF THE ESSENCE』の1曲目は【ARC OF THE PENDULUM】(以下【アーク・オブ・ザ・ペンデュラム】)。


 【アーク・オブ・ザ・ペンデュラム】が放つ“異様なテンション”こそ『TIME IS OF THE ESSENCE』の“象徴”であろう。
 最初は,聴き慣れないオルガンのせいだろう,と高をくくっていた。しかし「結果には原因がある」わけで,やはりこの“異様なテンション”は,エルヴィン・ジョーンズドラミングの賜物だ。

 “アバンギャルドでジャンルレスのド迫力”が,管理人のマイケル・ブレッカー評であるが,テナーマンとしては一般に“コルトレーン派”に分類されている。
 そこでエルヴィン・ジョーンズ! “通”な読者の皆さんなら,もうこれ以上語らなくてもピンと来たはず…。
 そう。エルヴィン・ジョーンズの“前へ前へ”のドラミングが,マイケル・ブレッカーの内に宿る“コルトレーン魂”に火を付けた!

 6分49秒からクライマックスにかけての,マイケルの大絶唱! この叫び声が“痛々しい”。もうこれ以上“張れない”と言わんばかりに,声を“嗄らして”振り絞っている。テナー・サックスには“これがあるから”やめられない!
 7分41秒からのドラム・ソロは“汗・飛びまくり”のエルヴィン,いや,全員の“汗ダク”セッションをイメージさせるに十分な録音である。

 4分17秒で“思わず飛び出た”感じのパット・メセニーのフレーズには,純粋に“ジャズ・ギタリスト”として演奏に全力投球する「生涯・現役ギター少年」の,あの幸せに満ち満ちた“笑み”がこぼれ落ちている!

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

MICHAEL BRECKER : Tenor Sax
PAT METHENY : Guitar
LARRY GOLDINGS : Organ
ELVIN JONES : Drums


Time Is of the Essence
人気blog ランキング バナー