アナログレコード

 『SOLO CONCERTS』の1曲目は【BREMEN, JULY 12, 1973 PART 機曄憤焚次撻屮譟璽瓮鵝Ε灰鵐機璽函礇僉璽鉢機筺曄法


 《 キース・ジャレットの「完全即興」は,管理人の“ジャズフュージョン道”の中で“特別の場”を占めている。全てが最上級(五つ星)の評価である。
 よって,この演奏をどう評価するかは,単純に「好みか,そうでないか」の問題にすぎない。
 キース・ジャレットアドリブインプロヴィゼーションがそうであるように,受け止める聴き手の側にも,その日その時によって,若干の評価の“ブレ”が生じる得る。
 以下は今日という日に感じた管理人の評価である。明日になれば今日と同じ評価を下すことはしないであろう。 》

 【ブレーメン・コンサート<パート機】の主題は「悲愴」!

 35秒で,早くも極上メロディーが登場する。1分30秒のアウトロ感がいい。
 5分49秒から,7分7秒からも展開が変わる。まるで“琴”のようなピアノである。
 9分8秒から展開が変わる。11分30秒過ぎの激しさ! しばしの落ち着きを経て,12分49秒からのハイ・トーン。13分20秒からの連打と対応する13分44秒からの大鳴きがハイライト!
 14分13秒からの大サビを経て,15分7秒から退場口へと向かう。スインギーな演奏である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

KEITH JARRETT : Piano


SOLO CONCERTS
ランキングを見てみよう!