《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は435位〜438位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★438.A NIGHT IN TUNISIA
'ROUND ABOUT MIDNIGHT AT CAFE
BOHEMIA
ケニー・ドーハム

--------------------------------------------------------------------------------------

★438.BUT NOT FOR ME (TAKE 2)
BAGS GROOVE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

★435.HYMN TO FREEDOM
NIGHT TRAIN
オスカー・ピーターソン

--------------------------------------------------------------------------------------

★435.ON A SLOW BOAT TO CHINA
SONNY ROLLINS WITH THE MODERN
JAZZ QUARTET
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

★435.LONELY WOMAN
REJOICING
パット・メセニー

--------------------------------------------------------------------------------------

 4人の大御所に混じって,我らがパット・メセニーが初ランクイン! “敬愛する”オーネット・コールマンへの熱き思いを封じ込めた演奏は,そのまま,この4人へのオマージュとも成り得る出来である。
 それにしてもパット・メセニーソニー・ロリンズとツアーに出た時の,あの喜びようといったら…。是非,あの喜びの再現ドキュメントとして,2人のCD共演も実現させてほしいものである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)