アナログレコード

 『THIS IS THIS』の8曲目は【CHINA BLUES】(以下【チャイナ・ブルース】)。


 ウェザー・リポートのラスト・トラックである【チャイナ・ブルース】は“蛍の光”! 別にこじつけでも後付けでもない。音が「サヨナラ」を告げている。

 ジョー・ザビヌルキーボードは“乾いた透明感”で溢れている。情感など添えずに,終始,淡々と進行する。
 このシンセ・サウンドこそ,ウェザー・リポートの“旗印”である。 ← この意味何人のファンに分かるかなぁ?

 シンセ・サウンドが徐々に分厚く響き始めることで,ジワジワと盛り上がっていく。しかし風船が破裂する直前,自らの意志でしぼんでいく。
 ジョー・ザビヌル一人による,ウェザー・リポートの卒業式の歌=蛍の光=【チャイナ・ブルース】の独唱が終わった。
 実に美しい独唱である。余力ありあり。まだこれからだったのに…。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

WEATHER REPORT
JOSEF ZAWINUL : Keyboards
WAYNE SHORTER : Saxophone
VICTOR BAILEY : Bass
MINO CINELU : Percussion, Vocals
PETER ERSKIN : Drums


This Is This!
ランキングを見てみよう!