アナログレコード

 『SMOKIN’ AT THE HALF NOTE』の2曲目は【IF YOU COULD SEE ME NOW】(以下【イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ】)。


 【イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ】は,極上バラード! このロマンティックなメロディーを,ピアノギターで,それはそれは“情熱的”に盛り上げていく!
 性格の異なるコード楽器のそれぞれの“やり方”が実に興味深いのだが,名手2人による“冷静に聴くことを許さない”圧倒的な表現力に引きずり込まれてしまう。

 先発とクローザーがウイントン・ケリー,中盤がウェス・モンゴメリー,と言う構図であるが,互いにバッキングに回っても“自己主張”しているので,全編ピアノ,または全編ギター,と捉えることも可能である。
 そう。自分の好きなタイプのアドリブを,自由に追いかける楽しみがある。両者とも,最初から最後まで一音一音が全く無駄のない演奏,と言うべき名演であり,これがライブ録音と言うのは,にわかに信じ難い“完成度の高さ”を誇っている。

 ではここからが本題! 正直,管理人はウイントン・ケリーウェス・モンゴメリーのどちらをとるのか? これは“恋人選び”にも似た難題である。この質問に対しては,いきなり歯切れが悪くなってしまう。優柔不断になってしまう。どちらも捨てがたいと思う。ダメ?
 自分の口で直接答えは言いかねるので…。「3分前後の演奏が一番好きかな?」。どうしても答えを知りたい“奇特な”読者の皆さんがいらっしゃるのなら,是非自分の耳で確認してみてくださいねっ。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

WYNTON KELLY TRIO-WES MONTGOMERY
WES MONTGOMERY : Guitar
WYNTON KELLY : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
JIMMY COBB : Drums
 

ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー
ランキングを見てみよう!