アナログレコード

 『GROOVY』の2曲目は【GONE AGAIN】(以下【ゴーン・アゲイン】)。


 【ゴーン・アゲイン】は,お涙頂戴の一歩手前=しっとり系のバラード。この雰囲気がハマル。何より3人の“歌心溢れる”アドリブが素晴らしい。

 レッド・ガーランドアドリブは,聴衆抜きに“自分の郷愁の世界”に一人没頭している感がある。
 このテーマの微妙な変化に気付いてほしい。イントロから始まる,いわゆる“崩しのない”前半の特徴が“無情”だとすれば,後半のそれはいかにも“情緒不安定”。曲の美しさに“クラクラ&フラフラ”。もう惚れてしまっている。
 演奏が進むにつれ“高揚感タップリ”で,ジャズらしくなる。4分10秒以降のピアノには“揺らぎ”があるし,4分43秒以降のフレーズには,ジョン・ルイスが入っている。5分44秒からは,バド・パウエルさえ入っている。感極まっている!

 2分1秒からのポール・チェンバースベース・ソロは,地を這うように重く,力強いのであるが,2分32秒からのフレーズは完全な“むせび泣き”である。そう。ポール・チェンバースも完全に一人“悦に入っている”。

 どうやら【ゴーン・アゲイン】の成功は,まとめ役に回った,アート・テイラーの“手腕”が大きいと言えよう。やはりソロイストには「叩きすぎない」ドラマーがピッタリである。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

THE RED GARLAND TRIO
RED GARLAND : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
ARTHUR TAYLOR : Drums


グルーヴィー
人気blog ランキング バナー