アナログレコード

 『EARTH WALK』の1曲目は【IT’S TIME TO WAKE UP AND DREAM】(以下【イッツ・タイム・トゥ・ウェイク・アップ&ドリーム】)。


 【イッツ・タイム・トゥ・ウェイク・アップ&ドリーム】の聴き所は,緩急の妙! 試しにジャック・デジョネットドラミングだけを追いかけてみると,その点がよく分かると思う。

 勿論,ドラムを追いかけなくとも,全体を聴き通して見れば,サビでの“強烈なユニゾン”が耳から離れないことであろう。
 ゲイリー・トーマスグレッグ・オズビーの2管サックスはいつでも“ケンカ・ユニゾン”! 互いにぶつかり合い,その“衝撃”で合体する。実に美しいフレーズが出来上がっていく。

 曲全体の構成がしっかりまとまっているのだが,その中でも自由にプレイしている各人のアドリブが超・強烈である。
 ゲイリー・トーマスグレッグ・オズビーの“バトル”は甲乙付けがたい。特に3分5秒からの“絡み”は,解説不要の最高のフリー・ジャズである。
 特筆すべきは,4分15秒から始まるマイケル・ケインシンセサイザー。あのラストの何と斬新なことであろう。耳がダンボになってしまう,とはこのことだ。
 ジャック・デジョネットドラムは終始シンバルの使い方が上手い。ロニー・プラキシコも重要なメイン・テーマをフューチャーするなど,要所を締めるベース・ワークが素晴らしい。

 そう。【イッツ・タイム・トゥ・ウェイク・アップ&ドリーム】は,スペシャル・エディションの名刺代わりの“名演”である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

JACK DeJOHNETTE SPECIAL EDITION
JACK DeJOHNETTE : Drums
MICKAEL CAIN : Piano and Synthesizers
GARY THOMAS : Tenor Saxophone and Flute
GREG OSBY : Alto and Soprabo Saxophone
LONNIE PLAXICO : Bass


アース・ウォーク
ランキングを見てみよう!