『FIRST DECADE』の5曲目は【AGUA DE LA MUSICA】(以下【アグア・デ・ラ・ムジカ】)。


 【アグア・デ・ラ・ムジカ】の新録音バージョンは,繊細かつダイナミックな演奏で,聴き所が一層UPの増量中! これぞ「ザ・トリオ」の全て,と言い切っても過言ではない! いい!

 イントロから始まる,静かで“粒立ち”の良いプレイは,チック・コリアの世界に通じる緊張感。クラシック調のソロ・ピアノで。掴みはOK。“グっと”来る!
 北川潔ではない,ジェームス・ジーナス・バージョンの【アグア・デ・ラ・ムジカ】を感じるのが,1分33秒からの躍動感! この“しなやかな”連動感は,他のピアノ・トリオにはない「ザ・トリオ」オリジナルの“味”である。

 2分5秒からのジェームス・ジーナスベース・ソロも,叙情性を感じさせる“さすが”の出来で素晴らしい。
 4分10秒からの「ザ・トリオ」の象徴的“ヤマ場”が強烈! クラレンス・ペン“渾身の”ドラミングには(音楽素人であろうと)誰しも魅了されることであろう。全世界からの絶賛の嵐も至極当然&「お見事!」の一言に尽きる。
 ただし,ここで聴き逃してならないのは,その直前と直後の,小曽根真ピアノ・ソロである。ここでの盛り上がりなしに“例のヤマ場”は成立しない! “世界の小曽根”が超・最高!

THE TRIO
MAKOTO OZONE : Piano
JAMES GENUS : Bass
CLARENCE PENN : Drums, Percussion