アナログレコード

 ジャズ界の「優等生」。それがオスカー・ピーターソンである。
 彼のレベルは相当高い! アドリブの冴え,リズム感,ドライブ感…。その他,ピアノという楽器にまつわる,ありとあらゆる項目でトップランクを軒並みGET! ジャズメンに通信簿があるならば,オスカー・ピーターソンは“オール5”の「優等生」であろう。

 恐らく,全てのジャズメンはオスカー・ピーターソンに“なれるものならなりたい”と思っていることだろう。オスカー・ピーターソンは,ある意味“ジャズメンの神様”的位置にいる。
 しかし“ジャズメンの神様”の音楽が愛されるかと言えば,必ずしもそうではない。頭では,聴くCD聴くCD,全部が「五つ星」であることは分かっている。しかし“心を動かされた”とか“熱烈に愛する”という感動が薄い。すごい,が即,愛聴盤とはならないのである。
 これは“世の常”ゆえ,どうしようもないことであるが,手のかかる子ほど“かわいい”ものである。真面目な「優等生」は人気が出ない。正直,出来すぎてつまらない。
 下手クソでも“灰汁の強さ”さえあれば何とかなるのがジャズ。みんなが羨む“絶大な才能”が,かえって足かせとなっている。オスカー・ピーターソンにとって,この“不条理”が悲劇なのである。

 こうなったら,オスカー・ピーターソンの“底なしの素晴らしさ”を徹底的に楽しむしかないであろう。それがジャズ・マニアに残された唯一の道! 明るく開放的なジャズも聴き方によっては結構楽しめる!
 ここは自称・ジャズ批評家としての腕の見せ所? オスカー・ピーターソンの“おいしい聴き方”には少々“コツ”が必要なのだ。

 『WE GET REQUESTS』(以下『プリーズ・リクエスト』)を例に挙げよう。オスカー・ピーターソンは,ライブでよく聴衆からのリクエストを受けたそうだ。そう。『プリーズ・リクエスト』は,名曲オンパレードのアンコール集である。
 実際はスタジオでの“名録音盤”として,その名を天下に轟かせているのだが,この質感は“ライブ盤”である。この演奏の雰囲気には,大勢の聴衆に囲まれてこそ“オーラを発揮する”オスカー・ピーターソンの本質がよく表われている。

 そしてここが聴き所であるが,オスカー・ピーターソンの“エレガントな”ピアノは,アドリブを奏でている時でさえ丁寧にバックに音を合わせている。
 「黄金のトリオ」「キング・オブ・トリオ」と称された“指折り”のピアノ・トリオの成功は,オスカー・ピーターソンの“音楽監督”としてのバランス感覚に負うところが大きい。
 ベースレイ・ブラウンドラムエド・シグベンを従えた,わずか3人の演奏ではあるが,オスカー・ピーターソンが“指揮”するピアノ・トリオの演奏は,あたかもオーケストラと“ジャズ”を共演しているかのような風情がある。繊細かつ大迫力の3人のオーケストラ! いや(聴衆の熱気がトリオに影響を及ぼすことから)ビッグ・バンドと呼んでもいい!
 そう。オスカー・ピーターソンが「優等生」として,共演者を,時には観客さえも,自分の音世界の“彩り”の一つとしてまとめあげていく! 実に素晴らしい!

 そんな“音楽監督”オスカー・ピーターソンが『プリーズ・リクエスト』でプロデュースしたのが“世界一のピアニストオスカー・ピーターソン! ベースドラムの間隙を縫うように,協調性のあるアドリブが展開されている。
 この音造りは“してやったり”である。本当かどうかは『プリーズ・リクエスト』を聴いて確かめてもらうこととして,ここで結論! トリオのためにピアノを弾くのではなく,ピアノのためにトリオが必要であった。カルテットやクインテットではこうも自由な演奏は難しい。やはり無意識のうちに“自分を生かす”トリオ・フォーマットを選択した,オスカー・ピーターソンは天才であろう。
 ん? もしや「優等生」が“必死に隠す”計算高さ? ははぁ。

 いずれにしても,オスカー・ピーターソンは根っからのジャズメン! このアドリブには“灰汁がなく”人気が出ないと分かってはいても,体質的にジャズ以外はプレイできないことが手に取るように伝わってくる。“ピアニスト”としてのオスカー・ピーターソンは,いつでも100%“ジャズ”している。

 非の打ち所のないジャズもいいものではないか! 明るく開放的なジャズもいいではないか! たまには薄暗い部屋を飛び出し,青空の下,オスカー・ピーターソンを聴くのもいい。TPOに合わせるジャズ,これがオスカー・ピーターソンを聴く“コツ”である。

(1964年録音/UCCU-9506)

ランキングを見てみよう!